日本最大級規模を誇るラベンダー園「千年の苑 ラベンダー園」が、埼玉・比企郡嵐山町に2019年6月オープン予定。

埼玉県のほぼ中央に位置する嵐山町に、約5万株のラベンダーが咲き誇る花園が誕生。オープン時には、約8ヘクタール(東京ドーム1個分が約4.7ヘクタール)にも及ぶラベンダーが花を開き、あたり一面を薄紫色に染めるという。

また2019年6月8日(土)から7月7日(日)にかけては、ラベンダーが見ごろを迎える「らんざんラベンダーまつり」を開催予定。園内には、その甘い香りから、アロマオイルにも使用されるグロッソや、白い花を咲かせることで知られるロングホワイトなど、約11種類のラベンダーが開花するようだ。さらに会期中には、花の摘み取りや手芸教室、地元産品の販売なども実施される。

【詳細】
「千年の苑 ラベンダー園」
オープン時期:2019年6月予定
住所:埼玉県比企郡嵐山町鎌形
植付面積:約8ヘクタール
植付株数:約5万株

■らんざんラベンダーまつり(予定)
開催期間:2019年6月8日(土)〜7月7日(日)
休園日:上記期間中は無休
※開花時期は6月上旬〜7月上旬、見頃は6月中旬〜下旬(予定)
開園時間:9:00〜17:00(最終入場は16:30)
見学料:500円(中学生以下及び障がい者手帳を持参した人は無料。手帳は窓口で提示)
駐車場:バス(マイクロバス<定員20名程度以上>):1台2,000円/回
※バス駐車場は事前予約制※バスの駐車は1回あたり2時間以内
普通車:メイン駐車場「嵐山町B&G海洋センター」の他、臨時無料駐車場あり
※臨時無料駐車場700台収容※有料駐車場150台収容(嵐山渓谷バーベキュー場・普通車500円)※普通車は予約不要、時間制限なし※園内に障がい者用無料駐車場完備