ニューヨークのチョコレートショップ「マリベル(MARIEBELLE)」が、新ブランド「マリベル・ザ・ラウンジ」を2019年9月20日(土)、大阪・大丸心斎橋店にオープンする。

物語を纏う「マリベル」のチョコレート

「マリベル」は、創業者のマリベル・リーバマンが、女性ならではの感性で、厳選した上質な素材と丁寧に時間をかけるこだわりの製法で作るチョコレートで人気を博す専門店。日本では京都に店舗を構える。

チョコレートの味はさることながら、もうひとつの魅力は繊細な手作業でつくられた“アートな”ビジュアル。自慢のガナッシュには、幾何学的な模様やNYの街を想わせる風景が描かれ、一粒一粒が物語を纏って店頭へと並ぶ。

カフェで過ごすくつろぎのひと時

新たにオープンする「マリベル・ザ・ラウンジ」は、カフェを併設し、贅沢なくつろぎの空間を提供する新業態となる。

カフェではマリベルのチョコレートを堪能できるオリジナルスイーツをはじめ、厳選シャンパンやワインなどのドリンクとチョコレートのペアリングも。 さらに、カカオの果肉やカカオのお酢、カカオのシロップなどを使用したドリンクや、 創業者マリベルお気に入りのフードメニューも用意する。

鳥かごで運ばれるファンタジックなアフタヌーンティー

店内では、鳥かごの中にスイーツと軽食をおさめた「マリベルズアフタヌーンティー」も提供。スイーツには、一口サイズのチョコレートケーキやタルト、そしてフルーツを、軽食は、キッシュなどこだわりの素材を使用した手作りのフードを用意している。また、別皿でスコーンとガナッシュも運ばれ、紅茶とともにくつろぎのひとときを彩る。

大阪限定チョコレート販売

「マリベル・ザ・ラウンジ」オープンを記念して、"Osaka"をモチーフにした限定のガナッシュも販売。大阪城をあしらったほうじ茶フレーバーのガナッシュや、道頓堀を描いたシャンパンフレーバーのガナッシュを展開する。

バカラシャンデリアが迎える上質な空間

店内は、ニューヨークと京都本店の雰囲気を受け継ぎ、アンティークと新しさが融合したインテリアで飾られる。ゴージャスなバカラ(Baccarat)シャンデリアが来店者を迎え、その奥に並べられたポーターズチェアが贅沢なひと時に寄り添う。異国情緒あふれる空間の中、チョコレートとコーヒーを嗜むことができる。

【詳細】
マリベル・ザ・ラウンジ
オープン日:2019年9月20日(土)
営業時間:10:00〜20:30
※9月20日(土)グランドオープン当日のみ13:00〜20:30の営業。
休業日:元旦、不定休(大丸心斎橋店に準ずる)
住所:大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-7-1 大丸心斎橋店本館2F