「館蔵ミニチュア展 小さなものの大きな魅力」が、東京・墨田区のたばこと塩の博物館にて開催される。期間は2019年9月7日(土)から12月1日(日)まで。

約1,500点のミニチュア作品を展示

たばこと塩の博物館では、過去4回にわたってミニチュア展を開催。展示を重ねるごとに明治から戦前のものを中心としたミニチュア作品が寄贈され、現在そのコレクションは約1,500点にのぼる。

墨田区に移転・リニューアルオープンして初めてのミニチュア展となる「館蔵ミニチュア展 小さなものの大きな魅力」では、たばこと塩の博物館のミニチュアコレクションを一挙公開。各コレクションの収集経緯や特徴を交えながら、作り手の技術、アイディア、収集家の熱意も紹介していく。

「中田實コレクション」

展示の目玉となるのは、たばこと塩の博物館のミニチュアコレクションの中核をなす「中田實(みのる)コレクション」。小林礫斎(れきさい)ら職人が制作した極小のオーダーメイドミニチュアを中心としたコレクションで、約800点の作品で構成されている。

中田實は、裏千家の茶人を父に持つが、自身は茶人にはならず日本郵船に勤務。切手の収集を趣味としていたが、ミニチュアを制作していた小林礫斎に出会うと、ミニチュアの収集に夢中になった。

「もっと小さく、もっと小さく」と實がオーダーし、礫斎は實が望むものを次々と制作していったのだろう。「中田實コレクション」の作品は、わずか数センチの作品でありながら驚くほど精巧に作られている。たとえば1cmに満たない象牙箪笥はすべての引出しが開閉し、その中に入っている1ミリの小さなコマでも実物と同じように回転する。

「倉田コレクション」

この他、江戸玩具や暮らしの道具、郷土玩具、人形などを集めた、素朴で懐かしい作品約600点で構成される「倉田コレクション」からは、「季節の飾りのミニチュア」などを展示。

「ミニチュア喫煙具コレクション」

江戸から明治にかけての雛道具の喫煙具類約20点を集めた「ミニチュア喫煙具コレクション」からは、蒔絵や彫金で丁寧に仕上げた「雛道具のたばこ盆」などが公開される。

【詳細】
たばこと塩の博物館「館蔵ミニチュア展 小さなものの大きな魅力」
会期:2019年9月7日(土)〜12月1日(日)
会場:たばこと塩の博物館 2階特別展示室
住所:東京都墨田区横川1-16-3
TEL:03-3622-8801
入館料:大人・大学生100円(50円)、満65歳以上の方(要証明書)50円(20円)、小・中・高校生50円(20円)
※( )内は20名以上の団体料金
開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
休館日:月曜日(但し9/16、9/23、10/14、11/4は開館)、9/17(火)、9/24(火)、10/15(火)、11/5(火)