キル フェ ボン(Qu'il fait bon)から、新作「沖縄県産 黄金芋と紫芋のタルト〜首里城復興の想いを込めて〜」が登場。2020年1月18日(土)から、2月中旬にかけて、キルフェボン全店舗にて発売される。

「沖縄県産 黄金芋と紫芋のタルト〜首里城復興の想いを込めて〜」は、2019年に火災によって甚大な被害を受けた世界遺産「首里城」の早期再建を願って誕生した新作タルト。首里城正殿内の王座の下に彫刻された“ブドウと黄金のリス”をモチーフに、沖縄県の特産品を組み合わせた特別なデザートに仕上げている。

まずベースとなるタルト生地の上には、沖縄特産の黄金芋や紫芋を使用した、色とりどりのプリン、クリーム、チーズムースをドッキング。またその天面には、ブドウの果実に加え、“黄金のリス”をイメージした金箔を飾り、荘厳な彫刻の様子を表現した。

さらに首里城のキーカラーである“赤”は、たっぷりのイチゴとラズベリーパウダーで再現。その周りに飾られたボリュームたっぷりのクリームは、首里城の華麗な装飾を彷彿させる。

なお「沖縄県産 黄金芋と紫芋のタルト〜首里城復興の想いを込めて〜」の売り上げの一部は、沖縄県に寄付される。

【詳細】
「沖縄県産 黄金芋と紫芋のタルト〜首里城復興の想いを込めて〜」
販売期間:2020年1月18日(土)〜2月中旬予定
販売店舗:キルフェボン全店舗(グランメゾン銀座/東京スカイツリータウン・ソラマチ店/青山/横浜/静岡/浜松/グランフロント大阪店/京都/福岡/仙台)
価格:852円 /ホール(25cm) 8,520円
※共に税込価格。カフェ利用の場合は税率が異なる。