「ヨコハマ ストロベリー フェスティバル 2020」が、横浜赤レンガ倉庫にて開催。期間は、2020年2月6日(木)から2月16日(日)までの計11日間。

“苺づくし”の11日間!スイーツから、採れたて苺まで

「ヨコハマ ストロベリー フェスティバル」とは、旬の苺を存分に味わえる毎年人気の野外イベント。会場では、ここでしか味わえない限定苺スイーツをはじめ、地元横浜のフレッシュな朝採れ苺、ブランド苺のサンプリングなどを楽しむことができる。

「いちごカフェ」初登場

2020年の注目は、初登場となる「いちごカフェ」。ガラス張りの開放的な空間では、佐賀県産の「いちごさん」「さがほのか」など、ブランド苺を使用したスイーツやドリンクなどを、来場客に提供する。

クロワッサンに、たっぷりの苺とホイップを合わせた「ストロベリークロワッサン」や、苺風味に仕上げた「ストロベリーレモネード」は、“苺好き”の人に是非味わってほしいオススメメニューとなっている。

毎年人気の「いちごマーケット」

毎年人気を集める「いちごマーケット」は、今年も引き続き開催。フードから雑貨類までを“苺一色”で揃えるマーケットには、有名店を含む23店舗が出店する。

注目スイーツ

目玉となるのは、イベント限定の苺スイーツメニュー。初出店の「フリッパーズ スタンド(FLIPPER'S STAND)」は、自慢のスフレパンケーキ×プリンに「あまおう」を組み合わせた苺デザートを、東京ストロベリーパークは前回参加時よりも苺のボリュームをアップさせたストロベリーパフェを販売する。

バレンタインメニューも

さらに、来たるバレンタインデーにちなんだ限定メニューも登場。苺と甘いチョコを組み合わせたこの時期ならではのスイーツは、手土産にも喜ばれそう。

ブランド苺の無料サンプリング

毎年好評の「いちごの無料サンプリング 」も押さえておきたいところ。今年は、希少価値の高い奈良県産「古都華」といったブランド苺を、日替わりで無料サンプリング。普段はなかなか出会えない、貴重な味わいを堪能することができる。

キッズ向けのアトラクションなど

そのほか会場内には、苺をモチーフにしたユニークな子供向けアトラクションなどを用意。横浜赤レンガ倉庫1号館・2号館でも、苺にちなんだ雑貨アイテムなどが販売される。

詳細

「ヨコハマ ストロベリー フェスティバル 2020」
期間:2020年2月6日(木)〜2月16日(日)※雨天決行、荒天時は休業する可能性有り。
時間:平日11:00〜18:00、土日祝10:00〜18:00※いちごカフェのみ20:00まで営業。
場所:横浜赤レンガ倉庫 イベント広場
住所:神奈川県横浜市中区新港1-1
入場料:無料(飲食・物販・アトラクション代は別途)