糸井重里が主催する「ほぼ日刊イトイ新聞」がつくる“街のフェス”「生活のたのしみ展」が東京・丸の内、新宿、福岡の3か所で開催される。期間は丸の内で2020年3月27日(金)から29日(日)まで、新宿で6月1日(月)から7日(日)まで、福岡で10月7日(水)から11日(日)まで。

“ほぼ日”が手掛ける街フェス

「生活のたのしみ展」とは、“ほぼ日”が、アーティスト、目利き、ブランド、ショップなどとタッグを組んで企画するショッピングを中心としたイベント。2017年に六本木でスタートし、恵比寿、丸の内、梅田などで、ワークショップ、アトラクション、ミニライブといった買い物以外のコンテンツも充実させながら開催を重ねてきた。

2020年は東京・丸の内、新宿、福岡の3か所でテーマを変えながらイベントを展開する。

3月「ファッションの生活のたのしみ展in 丸の内」

3月は東京・丸の内マルキューブをメイン会場に、“ファッション”をテーマにしたイベントを実施。服や雑貨、フード、レアでお得なグッズなど、ファッションを中心に厳選した約30のショップが並ぶ。“ほぼ日”初のブランドも多数登場し、いつもの「生活のたのしみ展」とはひと味違った内容を楽しむことができる。

6月「最大規模の第5回生活のたのしみ展in 新宿」

6月は「生活のたのしみ展」史上最大規模のイベントを、新宿住友ビルの三角広場を舞台に展開。高さ25mのガラス張りの天井を持つ、新宿住友ビル三角広場のオープニングイベントとなる。“ほぼ日”の王道ショップが新旧大小ずらりと並ぶのはもちろんのこと、空間を大胆に使ったワークショップやショーを開催。

10月「旅の生活のたのしみ展in 福岡」

10月には「生活のたのしみ展」が九州初上陸。福岡・博多駅前広場を中心に開催するこのイベントは“旅”をテーマに、九州以外からの参加者に向けた特別な列車ツアーも用意。「生活のたのしみ展」でのショッピングだけでなく、温泉、お酒、ごはん、おいしい空気などが楽しめる、様々なプランが検討されているという。

【詳細】
・ファッションの生活のたのしみ展in 丸の内
期間:2020年3月27日(金)〜29日(日)
場所:メイン会場・マルキューブ(東京都千代田区丸の内2-4-1 丸ビル 1F)
・最大規模の第5回生活のたのしみ展in 新宿
期間:6月1日(月)〜7日(日)
場所:新宿住友ビル三角広場(東京都新宿区西新宿2丁目6番1号)
・旅の生活のたのしみ展in 福岡
期間:10月7日(水)〜11日(日)
場所:メイン会場・博多駅前広場(福岡県福岡市博多区博多駅中央街1−1)