“食べるバター”専門店・カノーブルから、初のバターケーキ「安納芋バターケーキ」が登場。2020年2月10日(月)より、岡山・東京のカノーブル直営店、および公式オンラインストアにて発売される。

カノーブルから登場するのは、小麦や卵を使わずオーブンでも焼かない、バターそのものをケーキに仕上げた“生タイプ”のバターケーキだ。

焼かずに香ばしさを出すために、バターにはしっかりと焦がしたものを使用。しっとりとした生地の食感と食材のフレッシュさ、そして焼き菓子のような香ばしさを堪能できる、バター専門ブランドならではの1品に仕上げた。

その第1弾は、1ヶ月以上熟成させた種子島産の安納芋を使用した「安納芋バターケーキ」。低温でじっくりと焼き上げて甘みを濃縮した安納芋に焦がしバターを合わせ、アクセントとして岩塩を加えた。バターのコク、焦がしバターの香ばしさ、そして安納芋の甘みの織りなす、濃厚な味わいを楽しめる。

【詳細】
安納芋バターケーキ
発売日:2020年2月10日(月)
取扱店舗:カノーブル 岡山店(岡山県岡山市北区天神町9-2)・東京店(東京都目黒区八雲2-6-11)、公式オンラインストア
※公式オンラインストアでは1月28日(火)より発売
価格:1,580円(税込)