フードイベント「ふるさとの食 にっぽんの食」は、新型コロナウイルスの影響で中止が発表された。東京・代々木公園、NHK 放送センター、NHK ホール前広場にて2020年3月7日(土)と8日(日)の2日間で開催される予定だった。

「ふるさとの食 にっぽんの食」は、日本全国の“食”を楽しみながら学べるイベント。会場では、日本各地の郷土料理が味わえるほか、「パプリカ」で話題になったFoorin楽団のステージ、農業・漁業・酪農を疑似体験できるコーナーなどを実施。生きた魚に実際に触れることができる「お魚タッチプール」や、カツオの一本釣り・投網、さく乳の疑似体験も用意する。

なかでも見どころとなるのが、130団体以上が集結し、日本各地のふるさとの味を提供する「どーもくん市場」だ。代々木公園のケヤキ並木とイベント広場が、期間中は、北海道から九州まで、産地直送の新鮮な素材を使った郷土料理や、名物料理が味わえるフードコートに。石川県の焼き牡蠣、北海道の塩ジンギスカン、宮城県のせり鍋、秋田県のきりたんぽ鍋など、寒い日にもぴったりのメニューを“アツアツ”のできたてで味わえる。

また、「お買い物ゾーン」では、各農家が精魂込めて育て、収穫した農畜産品や加工品、水産加工品などを購入でき、自宅でも“ふるさとの食”を楽しむことができる。

ステージでは、「パプリカ」で話題になったFoorin楽団を筆頭に、ワンワンとあそぼうショーやゴー!ゴー!キッチン戦隊クックルンスペシャルステージなど、親子で楽しめるコンテンツを用意する。その他、おむすびワークショップや、料理研究家の土井善晴によるオリジナル鍋料理の提供など見どころが盛りだくさんだ。

【詳細】
「ふるさとの食 にっぽんの食」全国フェスティバル
※新型コロナウイルスの影響で開催中止が、2020年2月21日(金)に発表された。

【問い合わせ先】
ハローダイヤル
TEL:03-5777-8600