サンクトガーレンは、パイナップル風味のビール「パイナップルエール」を2020年4月23日(木)から9月末までの夏季限定で発売する。

「パイナップルエール」は、ゴールデンパイン600kgを使用したフルーツビール。デルモンテの管理農園で栽培され、横浜の工場で手切りされたゴールデンパインを、果汁も香りも余すところなくふんだんに使用している。

果実はビールが発酵する前の麦汁に投入。果実と麦汁の糖分を一緒に発酵させることで、泡までもジューシーなパイナップル風味のビールに仕上げている。

さらに、2019年よりベースのビールをアメリカンペールエールから、ブリュットIPAにリニューアル。辛口のシャンパンから着想を得て作られた「ブリュットIPA」は、強いホップの香りと、ドライかつ軽やかな苦みが特徴。パイナップルと合わせることで、果実のジューシーさをより一層際立たせている。

【詳細】
サンクトガーレン「パイナップルエール」(発泡酒)
販売期間:2020年4月23日(木)〜9月末
販売場所:日本橋高島屋、 小田急百貨店新宿店ハルクフード、オンラインショップほか
※各百貨店は、短縮営業もしくは休業の場合あり。営業状況は百貨店公式ウェブサイトなどで確認を推奨。
希望小売価格:460円+税
内容量:330ml
アルコール:5%
※日本ではビールに果物を使用する場合、麦芽量の5%以内と決められている。このビールには麦芽量30%の果物を使用しているため発泡酒表記となるが、麦芽率は高いので税率はビールと同じ。

【問い合わせ先】
サンクトガーレン
TEL:046-224-2317