時の記念日100周年企画展 「時」展覧会2020が、2020年6月5日(金)から7月12日(日)までの期間、東京・上野の国立科学博物館にて開催される。

“時間”をテーマにした企画展、100年振りに開催

1920年、国立科学博物館の前身である東京教育博物館にて開催された「時」展覧会。時間をあまり気にしていなかった庶民に時間厳守を促す目的で開催された、当時の「時」展覧会は大好評を博し、6月10日を“時の記念日”とするまでに影響を及ぼした。

そんな1920年の「時」展覧会、“時の記念日”の誕生100周年を記念して開催するのが、今回の企画展「時」展覧会2020。“時間”をテーマに、今日まで続く日本の時計技術の歩みと時に関する最新の研究を紹介し、身近な“時間”について改めて考える機会を来場者に提供する。

1920年の「時」展覧会を解剖

地球館2階会場では、1920年の「時」展覧会や“時の記念日”について紹介。日本の大衆が初めて“秒”を意識した大々的なイベントと言われている第1回の“時の記念日”についての解説をはじめ、当時の“時間”に関する史料を展示する。

日本の時計、100年間での進歩

直近100年で、時間の正確さと携帯性の向上を求め、世界市場を席巻するクオーツ時計を開発するなど、世界の時計シーンをリードしてきた日本。日本館地下1階多目的室会場では、そんな日本の時計の歴史を、写真や関連資料、製品の数々を通して紹介。また、時間に関する研究の最前線も取り上げ、時計の精度向上が私たちの生活や社会をどのように変えてきたかを解説する。

【詳細】
時の記念日100周年企画展 「時」展覧会2020
開催期間:2020年6月5日(金)〜7月12日(日)
会場:国立科学博物館 日本館地下1階多目的室、地球館2階常設展示室内
住所:東京都台東区上野公園7-20
入館料:一般・大学生 630円、高校生以下 無料
休館日:毎週月曜日、6月22日(月)〜26日(金)(害虫駆除のためのくん蒸期間)
※入館は事前予約制。詳細は公式ホームページを要確認。

【問い合わせ先】
国立科学博物館
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)