ホテル雅叙園東京より、2020年のクリスマスケーキが8種類登場。2020年10月1日(木)から12月13日(日)までの期間、店舗および電話、ウェブサイトにて予約を受け付ける。

大切な人と食べたい”心温まる”クリスマスケーキ

ホテル雅叙園東京のペストリー料理長・生野剛哉が手掛ける、クリスマスケーキが2020年もラインナップ。定番の「玉手箱」や「タルトフリュイルージュ 〜喜び〜」をはじめ、”HEARTWARMING MOMENTS 〜心温まる瞬間〜”がコンセプトのクリスマスケーキが計8種類展開される。

限定10台、ホワイトチョコで覆われた「玉手箱」

ホテル雅叙園東京が「昭和の竜宮城」と謳われていたことに着想を得た、2段構造の”玉手箱”型ケーキ。上段には人気のガトーや和柄の手毬チョコ、美人画を映し出す天井画ショコラなどが色あざやかに並ぶ。下段には、嘉山農園の苺を使用した格子模様のショートケーキが一面に敷き詰められる。ホワイトチョコに覆われた”食べられる箱”に、13種類のスイーツが詰まったボリューム満点のクリスマスケーキ。

「マスカルポーネカフェ 〜家族〜」

”家族が帰る家”をイメージした「マスカルポーネカフェ 〜家族〜」は、マスカルポーネムースとドライフルーツ入りのコーヒーフィナンシェを組み合わせたケーキの周りに、ノエル柄が施されたサクサクのリンツァー生地が装飾される。リンツァー生地のシナモンの香りがアクセントとなっている。

「抹茶・栗 〜幸せ〜」

「抹茶・栗 〜幸せ〜」は、抹茶と大納言のガトーオペラの土台に、栗のクリームと、塩麹を加えた抹茶のムースショコラを組み合わせた絶妙な味のバランスが魅力。塩麹の塩味がアクセントとなっており、甘さを控えた味わいのケーキに仕上がった。

「タルトフリュイルージュ 〜喜び〜」

ピスタチオのタルトに、いちごやブルーベリーなどのフレッシュな赤い果実がたっぷりと飾られた「タルトフリュイルージュ 〜喜び〜」。鮮やかな果実に加え、雪の結晶や落ち葉型のチョコレートもトッピングされている。見た目も楽しく、アルコール不使用なので家族でも楽しめそう。

他にも、定番商品の「嘉山農園の苺ショートケーキ」やサンタクロースとトナカイの飾りが施された「フレーズアマンド 〜希望〜」などが展開される。

【詳細】
ホテル雅叙園東京 クリスマスケーキ 2020
予約期間:2020年10月1日(木)〜12月13日(日)
引渡期間:2020年12月19日(土)〜12月25日(金)
販売場所:ホテル雅叙園東京1F PATISSERIE「栞杏 1928」
予約方法:店頭、ウェブサイト、電話
TEL:03-5434-5230 ※予約専用(11:00〜20:00)
メニュー:
・玉手箱(14×14×14cm) 30,000円+税 ※限定10台
・抹茶・栗 〜幸せ〜(8.5×15×5cm) 4,200円+税
・嘉山農園の苺ショートケーキ 4号(12×5cm) 3,800円+税、5号(15×5cm) 4,500円+税
・マスカルポーネカフェ 〜家族〜(15×6cm) 4,500円+税
・フレーズアマンド 〜希望〜(8.5×17×6cm) 4,500円+税
・タルトフリュイルージュ 〜喜び〜(15×5cm) 4,200円+税
・ショコラアブリコ 〜驚き〜(10×15×5cm) 4,500円+税
・シュトーレン(320g) 2,700円+税