「ピーリカピリララ!おジャ魔女どれみメモリアル展」が、京都・東映太秦映画村にて2020年10月10日(土)から12月20日(日)まで開催される。

「おジャ魔女どれみ」シリーズを振り返る展示イベント

「ピーリカピリララ!おジャ魔女どれみメモリアル展」は、1999年から4年間続いた「おジャ魔女どれみ」シリーズのアニメ作品を振り返るイベント。2020年11月には新たな魔法の物語を描いた映画『魔女見習いをさがして』も公開される、「おジャ魔女どれみ」シリーズの世界観を楽しめる。

「おジャ魔女どれみ」「おジャ魔女どれみ#」「も〜っと! おジャ魔女どれみ」「おジャ魔女どれみドッカ〜ン!」といった各シリーズの名場面を、スチールや資料とともに紹介する。

「MAHO堂」モチーフの内装や等身大イラスト

会場は、シリーズ4作品に渡り模様替えをした「MAHO堂」の内装をモチーフにした空間を演出。名場面の展示に加え、放映当時を彷彿させるおもちゃや、「おジャ魔女どれみ」ファンならわかるクイズなどが登場する。

その他、イベント限定で描きおろされた等身大サイズのイラストや、各シリーズごとの魔女見習い服を着たどれみちゃんたちと写真を撮れるフォトスポット、どれみちゃんの録りおろしボイスなど、「おジャ魔女どれみ」との思い出を辿りながら楽しめるコンテンツが目白押しとなっている。

京都伝統工芸とのコラボなど限定グッズも

また、イベント限定グッズにも注目。京都の伝統工芸とコラボレーションしたアイテムや、描きおろしイラストを採用したグッズなどを販売する。キャラクターのイメージカラーを落とし込んだシュシュ&巾着や、スイングアクリルキーホルダーなど、ポップなグッズが揃う。

「ハナちゃんの哺乳瓶ミルクセーキ」などフード&ドリンク

さらに、東映太秦映画村の食事処では「おジャ魔女どれみ」をイメージしたフードやドリンクを提供。「ハナちゃんの哺乳瓶ミルクセーキ」や「ペペルトポロン風アイスクリーム」「どれみちゃんの帽子」など、見た目にも愛らしいメニューを用意する。

【詳細】
ピーリカピリララ!おジャ魔女どれみメモリアル展
開催期間:2020年10月10日(土)〜12月20日(日)
場所:東映太秦映画村
住所:京都府京都市右京区太秦東蜂岡町10番地
※映画村には入村料が必要。
入村料:大人 2,400円、中高生 1,400円、子ども(3歳以上) 1,200円
■限定グッズ
・お茶(全6種) 540円(税込)
・シュシュ&巾着(全5種)2,970円(税込)
・スイングアクリルキーホルダー(全6種) 880円(税込)
■限定ドリンク&フード
・ハナちゃんの哺乳瓶ミルクセーキ 1,050円(税込)
・どれみちゃんの帽子 900円(税込)
・ペペルトポロン風アイスクリーム 900円(税込)
※各メニューは、特製ステッカー1枚付き。