「銀座ソニーパーク(Ginza Sony Park)」は、2021年秋から始まる「新銀座ソニーパーク」の建設開始に向けて、「銀座ソニーパーク シーズン2」を2020年10月より順次スタートする。

銀座ソニーパーク「シーズン2」スタート

2018年8月にオープンした「銀座ソニーパーク」は、“変わり続ける実験的な公園”というコンセプトのもと、体験型イベントやライブなど様々なプログラムを発信。同時に、藤原ヒロシ監修の「ザ コンビニ(THE CONVENI)」やとらや(TORAYA)の「トラヤカフェ・あんスタンド」、「BEER TO GO by SPRING VALLEY BREWERY」、「アヲ GINZA TOKYO」など個性豊かな店舗を展開してきた。

「銀座ソニーパーク シーズン2」では、「新銀座ソニーパーク」建設を前に一時閉園する2021年9月までの新たな実験の場として、アーティストやクリエイターとともに従来よりもアップグレードされたイベントを順次開催していく。また、地上フロアの植栽を減らし「余白」を広げてよりフラットな“都会の中の公園”へと変化する。

新たに3店舗オープン

「銀座ソニーパーク シーズン2」スタートにあたり、既存店舗からバトンを受け取る形で「GEN GEN AN 幻」「かまパン&フレンズ <ナチュラル物産館>」「SEAFOOL」の新たな3店舗が、2020年10月より順次約1年間限定でオープンする。いずれもテイクアウトが可能な飲食店となっており、園内各所や職場・自宅で楽しむことができる。

「GEN GEN AN 幻」は、「菓子と茶」をテーマにした茶葉店。茶葉の製造から一貫して行い提供する様々なドリンクと、ここでしか味わえない新作の菓子を提供する。

「かまパン&フレンズ <ナチュラル物産館>」は、「地産地食」を合言葉に徳島県神山町で農業・料理店・パン、食品店を営む「フードハブ・プロジェクト」が手がける“産直”物産館。全国の作り手から届くパンや無添加食料品が集結し、<かまパン>のパーカーバンズに各地の名産品をはさんで食べる産直コンボサンドイッチ、牧場から届く無添加ソフトクリームなどを提供する。

「SEAFOOL」は、ニューヨークスタイルのピザショップ「ピザ スライス(PIZZA SLICE)」による新業態シーフードスタンド。フライドカラマリや、フィッシュバーガーといったカジュアルなシーフードメニューをファーストフード感覚で楽しめる。フードプロデュースは100%国産とうもろこしトルティーヤを使ったタコスが話題の「KITADE TACOS」から北出茂雄が参加する。

尚、以前よりオープンしていたコーヒー&ワインスタンド「ÉCRU. GINZA」と、「TOKYO FM|Ginza Sony Park Studio」は継続して営業を続ける。

【詳細】
銀座ソニーパーク シーズン2
スタート時期:2020年10月〜順次
所在地:東京都中央区銀座5-3-1
新規出店:GEN GEN AN 幻、かまパン&フレンズ <ナチュラル物産館>、SEAFOOL
※2018年よりオープンしていたシーズン1の以下店舗は営業終了。
・8月31日(月)閉店:BEER TO GO by SPRING VALLEY BREWERY
・9月29日(火)閉店:トラヤカフェ・あんスタンド銀座店
・9月30日(水)閉店:アヲ GINZA TOKYO、THE CONVENI (GINZA SONY PARK)、MIMOSA GINZA(当面臨時休業中)
※アヲ GINZA TOKYOの営業終了に伴い、地上フロアにある鉢植えされた全ての植栽は、万全な養生を施し、日本緑化企画株式会社関連の農園に移動。
※ 地上フロアの「ÉCRU. GINZA」「TOKYO FM|Ginza Sony Park Studio(当面中継は休止中)」は継続営業。
※銀座ソニーパークは、2021年9月末に一旦閉園。その後建て替え工事を経て2025年に銀座ソニーパーク「最終形」を完成予定。