福岡市博多区青果市場跡地に新商業施設が2022年春開業予定。

福岡市青果市場跡地に新商業施設が誕生

三井不動産、九州電力、西日本鉄道の3社が共同で推進してきた「(仮称)福岡市青果市場跡地活用事業」によって誕生するのは、緑あふれる広場と一体化する新商業施設。約86,600㎡にも及ぶ敷地内には、コンセプトの異なる多機能な広場(パーク)を設ける。フットサルコートやテニスコート、200mトラックを有すスポーツパークをはじめ、地域の人々が集い、出会える場所の創出を目指す。

また、地下1階・地上5階建ての商業施設内には、ファッション、雑貨、飲食、エンターテイメント施設など話題性の高い店舗を集結させる。

福岡市博多区青果市場跡地は、幹線道路である筑紫通りに接し、福岡空港や博多駅とも近接、JR鹿児島本線「竹下」駅から徒歩圏内といった好アクセスとなっており、計画地内にはバスターミナルが新設されることから、より高い交通利便性が見込まれる。

【詳細】
「(仮称)福岡市青果市場跡地活用事業」
開業予定時期:2022年春
住所:福岡市博多区那珂六丁目351番他(福岡市青果市場跡地)
敷地面積:約86,600㎡(約26,200坪)
構造規模:店舗棟 鉄骨造地上 5階-地下1階建、立体駐車場棟 鉄骨造地上 7階建 2棟ほか
延床面積:約206,400㎡(約62,400坪) ※立体駐車場棟含む
駐車台数:約3,050台
アクセス:JR鹿児島本線「竹下」駅徒歩9分