宇都宮駅東口に新たな大型複合施設が誕生。2022年8月に開業予定だ。

宇都宮駅東口に大型複合施設が誕生

住友商事が推進する「宇都宮駅東口地区整備事業」によって誕生する複合施設は、使いやすさと上質さを兼ね備えたライフスタイル型商業施設、関東最大級の収容人数を誇るコンベンション施設、緑あふれる広場などを備える。宇都宮の魅力を新たに引き出す場所として、地元の人はもちろん、地元だけでなく全国各地から訪れる人々にとっての交流と賑わいを創出する。

建物は、1階から6階までの構成で、1階にスーパーマーケット「ヨークベニマル」、2階と3階に飲食・物販、サービス系店舗、4階に物販店舗、5階にレストラン&ウェディング施設、6階にオフィスを展開する。また、宿泊施設は5階から14階を占め、カンデオホテルズ宇都宮(仮称)として開業予定。ホテル内には露天風呂付き大浴場や展望レストランも完備する。

宇都宮餃子の老舗「宇都宮みんみん」など出店

なお、現在決定している出店店舗は、宇都宮を代表する老舗餃子専門店「宇都宮みんみん」、 日光を代表する老舗和菓子メーカーの「日昇堂」、そして「大谷」地区発祥のスペシャルティコーヒーショップ「アイランド ストーン コーヒー ロースターズ(ISLAND STONE COFFEE ROASTERS)」だ。

新たな交通網LRTの整備も

また、今回の「宇都宮駅東口地区整備事業」によって、新たな交通網であるLRT=ライトレールトランジット(次世代型路面電車システム)の整備も進める。宇都宮駅東口から芳賀・高根沢工業団地までの14.6キロメートルを運行する予定だ。

【詳細】
宇都宮駅東口地区整備事業
開業時期:2022年8月(予定)
住所:栃木県宇都宮市宮みらい1番2他
交 通:JR東北新幹線・東北本線「宇都宮駅」徒歩1分
土地面積:約7,700平方メートル
建物構造:14階建て、 鉄骨造
延床面積:約37,400平方メートル (別棟の駐車場も含む)

■商業施設(1〜6階部分)構成
・主なテナント構成
6階:オフィス
5階:ウェディング・レストラン、オフィス
4階:物販
3階:飲食、物販、サービス系
2階:飲食、物販、サービス系
1階:スーパーマーケット
■宿泊施設
カンデオホテルズ宇都宮(仮称)
客室数:288室
部屋面積:18平方メートル〜20平方メートル
付帯施設:大浴場(露天風呂付)、展望レストラン
■立体駐車場(別棟5階建て)
・収容台数:480台

(出所) 住友商事HP