舞台・M&Oplaysプロデュース『いのち知らず』が2021年10月22日(金)から11月14日(日)まで東京・本多劇場で上演され、その後、宮城、大阪、島根、山口、熊本、広島、愛知で地方公演を行う。作・演出は岩松了が務め、勝地涼や仲野太賀らが出演する。

“謎の研究所”舞台のサスペンス

舞台『いのち知らず』は、松雪泰子主演の『そして春になった』や東出昌大主演『二度目の夏』、小泉今日子主演『家庭内失踪』などこれまでに数々の話題作を生み出してきたM&Oplaysと岩松了がタッグを組む新作。今回は、とある山間にある謎の研究所を舞台に、男性5人だけで繰り広げられるサスペンスを届ける。

<舞台『いのち知らず』あらすじ>

ロク(勝地涼)とシド(仲野太賀)は山間にある、ある施設の門番をし、番屋で同居している。
もう一人モオリ(光石研)という年嵩の門番がいた。ロクとシドはモオリのことを陰気で面白みのないやつだと思っていたが、ある時門番をしている施設が、なんの施設か知らされる。
モオリが言うには、施設は「死んだ人間を生き返らせる研究をしている」らしい。
二人は、モオリの言うことを俄かには信じられなかったが、これまで気にもとめていなかったモオリが、知性のある優れた人間に思えてくる。
二人には、この仕事でお金を貯めて、街で車の修理工場を立ち上げる、という夢があった。
そのために、人里離れた山の中の仕事に就いたのだ。ここは、他のアルバイトよりお金になった。
しかし、その施設の異様さが、やがて二人の行く末に不安な影を落としてゆく。大きな力に翻弄されていく若者と、それを傍観する一人の男――彼らの「いのち」に迫る陰謀とは――。

勝地涼&仲野太賀が門番役に

“いのち”と“友情”を描く物語『いのち知らず』には、個性豊かな5人の男性キャストが集結。

研究所の目的も知らずに門番として雇われているロク役には、映画『アンダードッグ』やドラマ「ネメシス」での好演が記憶に新しい勝地涼を起用。また、もう一方の門番・シド役は、映画『すばらしき世界』でのTVディレクター役や、ドラマ「家族募集します」でのおせっかいなお好み焼き屋の店員役など、変幻自在な役柄を演じる注目の俳優・仲野太賀が務める。

さらに、年嵩の門番モオリ役を名バイプレーヤー・光石研が演じるほか、映画『宮本から君へ』など個性的な演技で魅了する新名基浩と、本作の作・演出を手掛ける岩松了も出演する。

作品詳細

M&Oplaysプロデュース『いのち知らず』
作・演出:岩松了
出演:勝地涼、仲野太賀、新名基浩、岩松了、光石研

■東京公演
上演期間:2021年10月22日(金)〜11月14日(日)
場所:本多劇場
住所:東京都世田谷区北沢2-10-15
チケット発売日:2021年8月28日(土)
タイムテーブル:全24公演

■地方公演
・宮城公演:2021年11月18日(木)
会場:電力ホール(宮城県仙台市青葉区一番町3-7-1)
・大阪公演:2021年11月20日(土)〜21日(日)
会場:梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ(大阪府大阪市北区茶屋町19-1)
・島根公演:2021年11月23日(火・祝)
会場:島根県民会館 大ホール(島根県松江市殿町158)
・山口公演:2021年11月25日(木)
会場:山口市民会館 大ホール(山口県山口市中央2-5-1)
・熊本公演:2021年11月28日(日)
会場:熊本県立劇場演劇ホール(熊本県熊本市中央区大江2-7-1)
・広島公演:2021年11月30日(火)
会場:JMSアステールプラザ 大ホール(広島県広島市中区加古町4-17)
・愛知公演:2021年12月4日(土)〜5日(日)
会場:日本特殊陶業市民会館ビレッジホール(愛知県名古屋市中区金山1-5-1)