舞台『泥人魚(どろにんぎょ)』が、2021年12月6日(月)から12月29日(水)まで渋谷・Bunkamura シアターコクーンで上演される。宮沢りえ、磯村勇斗、愛希れいか、風間杜夫らが出演する。

唐十郎の傑作戯曲『泥人魚』

『泥人魚』は、2003年4月に唐十郎が「劇団 唐組」で初演し、第五十五回読売文学賞 戯曲・シナリオ賞や第三十八回紀伊國屋演劇賞 個人賞に輝くなど演劇界を席巻した作品。人形劇『ひょっこりひょうたん島』をはじめ、数々の名作を残した井上ひさしが、「独特の詩情と叙情とユーモア。すぐれた劇詩人で舞台の魔術師、唐十郎の集大成」と絶賛した傑作戯曲でもある。

ヒロインに宮沢りえ、磯村勇斗&愛希れいかも出演

そんな『泥人魚』が、唐十郎と蜷川幸雄を師とする金守珍の演出により、初演以来18年ぶりに上演されることに。ヒロイン・やすみ役には、『下谷万年町物語』『盲導犬』『ビニールの城』に続き、本作が4作目の唐十郎作品出演となる宮沢りえを起用した。

また、人気ドラマ『サ道 2021』や映画『東京リベンジャーズ』に出演し、劇場版『きのう何食べた?』の公開が控える磯村勇斗、宝塚歌劇団月組トップ娘役として人気を博し、退団後は舞台を中心に活躍する愛希れいかも出演。さらに風間杜夫、岡田義徳、大鶴美仁音、渡会久美子、広島光、島本和人、八代定治、宮原奨伍、板倉武志、奈良原大泰、キンタカオ、趙博、石井愃一、金守珍、六平直政もキャストに名を連ねる。

舞台『泥人魚』あらすじ

港の町を去って、今は都会の片隅にあるブリキ店で暮らす蛍一(磯村勇斗)。店主の静雄(風間杜夫)は 、 まだらボケの詩人だ。陽が落ちると急にダンディな夜の詩人と化す。ある時店に現れたのは、詩人を「先生」と呼ぶ男、しらない二郎(岡田義徳)。二郎は詩人静雄の元門下生であり、蛍一とは、長崎の諫早漁港で共に働いた仲だった。干拓事業の賛否に揺れる漁港では、湾を分断する「ギロチン堤防」が内側の調整池の水を腐らせ不漁が続き、池の埋め立てに反対だった仲間の漁師が、次々と土建屋に鞍替えしていく。そんな現実に絶望した蛍一は、港の町を去ったのだ。一方の二郎は、実は港に派遣された「さぐり屋」だった。依頼主は、月の裏側を熟知しているとのたまう女、月影小夜子(愛希れいか)。二郎の裏切りを蛍一がなじっていると、蛍一を探して、やすみ(宮沢りえ)という女が現れる。少女時代 、ガンさんという漁師に海で助けられ、その養女となった娘だ。「ヒトか魚か分からぬコ」と呼ばれるやすみは、ある約束を果たしに来たと言う。「人の海の貯水池で、言ったとおりの人魚になれ」と。蛍一の前で見せた片方の足には、一条のきらめくものがはりついていて──。

<登場人物>
やすみ(宮沢りえ)…「しゃっぱ漁港」から蛍一をさがして上京してきた娘。少女時代、ガンさんという漁師に、海で助けられ、そこの養女となる。海に漂う前は、椿という名でもあった
浦上蛍一(磯村勇斗)…海の町を去って、今は都会の隅にあるブリキ加工店で暮らす
月影小夜子(愛希れいか)…月の裏側を熟知していると、のたまう女性。しらない二郎を長崎に使いに行かした…。とある会社の秘書室長
伊藤静雄(風間杜夫)…まだら呆けの詩人で、ブリキ店の店主

作品詳細

COCOON PRODUCTION 2021『泥人魚』
作:唐十郎
演出:金守珍
出演:宮沢りえ、磯村勇斗、愛希れいか、岡田義徳、大鶴美仁音、渡会久美子、広島光、島本和人、八代定治、宮原奨伍、板倉武志、奈良原大泰、キンタカオ、趙博、石井愃一 、金守珍、六平直政、風間杜夫
音楽:大貫誉 美術:大塚聡 照明:泉次雄 音響:友部秋一 衣装:伊藤佐智子 ヘアメイク:新井健生 映像:大鹿奈穂、石原澄礼 殺陣:佐藤正行 美術助手:岩本三玲 演出助手:加藤由紀子 舞台監督:幸光順平 宣伝美術:榎本太郎 宣伝写真:江森康之 宣伝衣装:伊藤佐智子 宣伝ヘアメイク:稲垣亮弐 宣伝広報:ディップス・プラネット

■公演スケジュール
公演期間:2021年12月6日(月)〜12月29日(水) 全28回
会場:Bunkamura シアターコクーン
住所:東京都渋谷区道玄坂2-24-1
チケット発売日:2021年10月17日(日)10:00〜
チケット料金:S席 11,000円、A席 9,900円、コクーンシート 5,500円(全席指定)
※コクーンシートは特に見づらい席となっている。

■プレイガイド
・Bunkamura チケットセンター(オペレーター対応/10:00〜17:00)
10月17日(日)発売日初日特電:TEL 03-3477-9912
10月18日(月)以降:TEL 03-3477-9999
・オンラインチケット MY Bunkamura(システム利用料無料 PC・スマホ共通/座席選択可能)
・Bunkamura チケットカウンター:10月18日(月)以降 Bunkamura1F 10:00〜18:00
・東急シアターオーブチケットカウンター:10月18日(月)以降(渋谷ヒカリエ 2F 11:00〜18:00)
・チケットぴあ
10月17日(日)発売日初日特電:TEL 0570-02-9923(Pコード不要 10:00〜23:59)
10月18日(月)以降:TEL 0570-02-9999(Pコード:507-689)24時間・音声自動応答
公式サイト:PC ・スマホ共通/座席選択可能
セブン イレブン(24時間対応/毎週火曜日・水曜日の1:30〜5:30を除く)※一般発売初日 10月17日(日)の取扱いは10:00〜
・イープラス
公式サイト:PC・スマホ共通/座席選択可能
ファミリーマート各店舗(店内Famiポート直接購入/座席選択可能)
・ローソンチケット
公式サイト:PC ・スマホ共通/座席選択可能
ローソン・ミニストップ各店舗(店内Loppi直接購入/Lコード:32885)
・楽天チケット:公式サイト(PC・スマホ共通/座席選択可能)
※本公演は政府の判断によるイベント収容率に基づき、販売座席を決定する。
※公演中止または、主催者がやむを得ないと判断する場合以外のチケットの払い戻しはしない。
※発売初日のみ1回の受付につき4枚までの枚数制限がある。
※10月18日(月)以降は残席がある場合のみ取扱う。
※未就学児童の入場はできない。
※チケット購入時に登録の氏名・緊急連絡先は公的機関からの要請により提供する場合がある。
※車椅子スペース(S席相当)には限りがある。車椅子での観劇希望者は、座席指定券を購入のうえ、早めにBunkamuraへ連絡する。S席以外の座席指定券購入者は、差額を支払う。また、座席で観劇する場合も公演日前日までに購入席番をBunkamuraに連絡する。
※営利目的でのチケットの購入、並びに転売は禁止。
※各営業時間は変更になる可能性がある。詳細はホームページを要確認。

【問い合わせ先】
・チケットに関する問い合わせ先
Bunkamura チケットセンター:TEL 03-3477-9999(10:00〜17:00)
・公演に関する問い合わせ先
Bunkamura:TEL 03-3477-3244(10:00〜18:00)