NODA・MAP番外公演『THE BEE』が、2021年11月1日(月)から12月12日(日)まで東京芸術劇場シアターイーストで、2021年12月16日(木)から12月26日(日)まで大阪・ナレッジシアターで上演される。阿部サダヲ、長澤まさみ、河内大和、川平慈英が出演し、東京公演のチケットは10月24日(日)に、大阪公演のチケットは12月5日(日)に一般発売される。

野田秀樹の代表作にして“最大の衝撃作”

『THE BEE』は、2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件に触発された野田秀樹が、筒井康隆の小説『毟りあい』を題材に、ロンドンで現地演劇人とワークショップを積み重ねて書き下ろした英語戯曲。野田秀樹の“代表作”にして“最大の衝撃作”と称される作品でもある。

<『THE BEE』ストーリー>

家路を急ぐ平凡なサラリーマン[井戸]が我が家の前で遭遇したのは警察とマスコミの喧騒だった。脱獄囚[小古呂]が井戸の妻子を人質にとり、井戸宅に立てこもっていたのだ。[井戸]は妻子を救出しようと、どこか頼りない警察と共に行動を起こすが、事態は思わぬ展開へ…。

阿部サダヲや長澤まさみらが出演

そんな『THE BEE』が、9年ぶりに新キャストを迎えて上演されることに。キャストには、阿部サダヲ、長澤まさみ、河内大和、川平慈英の実力派4人が名を連ね、これまで『THE BEE』全公演に出演してきた野田秀樹は、今回初めて演出に専念する。

阿部サダヲ…井戸。脱獄囚・小古呂(おごろ)に妻子を人質にとられてしまう。
長澤まさみ…小古呂の妻/リポーター
河内大和…百百山(どどやま)警部/シェフ/リポーター
川平慈英…安直(あんちょく)/小古呂/小古呂の息子/リポーター

公演概要

NODA・MAP番外公演『THE BEE』
演出:野田秀樹
原作:筒井康隆 〜「毟りあい」(新潮社)より〜
共同脚本:野田秀樹&コリン・ティーバン
出演:阿部サダヲ、長澤まさみ、河内大和、川平慈英
美術:堀尾幸男 照明:服部基 音響:藤本純子 映像:奥秀太郎 舞台監督:瀧原寿

<東京公演>
公演期間:2021年11月1日(月)〜12月12日(日)
会場:東京芸術劇場シアターイースト
住所:東京都豊島区西池袋1-8-1
チケット一般発売日:2021年10月24日(日)
チケット料金:S席9,000円、U25席5,500円(25歳以下限定・要身分証)※いずれも全席指定
チケット発売場所:東京芸術劇場ボックスオフィス(要事前登録)、イープラス(要事前登録)、チケットぴあ(要事前登録)、ローソンチケット(要事前登録)

<大阪公演>
公演期間:2021年12月16日(木)〜12月26日(日)
会場:ナレッジシアター(グランフロント大阪北館4階)
住所:大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪
チケット一般発売日:2021年12月5日(日)
チケット料金:S席9,500円 U25席5,500円(25歳以下限定・要身分証)※いずれも全席指定
チケット発売場所:イープラス(要事前登録)、チケットぴあ(要事前登録)、ローソンチケット(要事前登録)

<その他備考>
・当日券あり。全公演、販売する。詳細は主催へ要問合せ。
・高校生割引あり。1,000円(全席指定/事前申込制/要学生証)※販売に関する詳細は、順次HPで知らせる。

<注意事項>
・車いすでの来場者は、前日までに購入席番を各公演の問い合わせ先まで連絡する。
・未就学児は入場できない。
・不正転売やそれを目的とした購入・譲受けは、法律により禁じられている。
・チケットは必ず正規ルートから直接購入する。
・公演中止の場合を除き、払戻しはしない。
・観劇者への注意事項等は、公式ホームページにて案内する。来場前に要確認。

【公演に関する問い合わせ先】
NODA・MAP 
TEL:03-6802-6681(平日11:00〜19:00)
キョードーインフォメーション※大阪公演のみ
TEL:0570-200-888(11:00〜16:00/日曜・祝日は休業)