人気漫画『呪術廻戦』が舞台化。東京・天王洲 銀河劇場にて2022年7月15日(金)から7月31日(日)まで、大阪・メルパルクホール大阪にて8月4日(木)から8月14日(日)まで上演される。

人気漫画『呪術廻戦』が舞台化

芥見下々による『呪術廻戦』は、2018年から「週刊少年ジャンプ」で連載されている人気漫画。人間の負の感情から生まれる呪いと、それを呪術で祓う呪術師との闘いを描いた物語で、シリーズ累計発行部数は6,500万部を超えている。これまでにアニメ化され、2021年には『呪術廻戦』の前日譚を描いた映画『劇場版 呪術廻戦 0』が公開され大ヒットを記録した。2023年にはテレビアニメ第2期の放送も決定している。

そんな人気作品が満を持して舞台化。公式略称は「じゅじゅステ」だ。呪い専門機関である「東京都立呪術高等専門学校」へと編入した虎杖悠仁を中心に“呪いが廻る世界”を舞台上で再現する。

豪華キャストが出演、虎杖悠仁役は佐藤流司

舞台化が決定した当初からキャストには注目が集まっていたが、その期待に応える豪華な面々が揃った。主人公・虎杖悠二を演じるのは、ミュージカル「刀剣乱舞」の加州清光役、舞台「NARUTO」のうちはサスケ役などを演じてきた佐藤流司。

さらに、ミュージカル「新テニスの王子様」で入江奏多を演じた泰江和明が伏黒恵役、2008年にミュージカル「アニー」のアニー役でデビューを果たし、以後注目作への出演が続く豊原江理佳が釘崎野薔薇役を務める。また、両面宿儺役として五十嵐拓人、五条悟役として三浦涼介、七海建人役として和田雅成らが出演する。

主なキャスト一覧

虎杖悠二:佐藤流司
東京都立呪術高等専門学校の1年生。呪いの王・両面宿儺の猛毒に耐えられる、千年生まれなかった逸材。それを使命と受け入れ、間違った死を阻止するべく、自ら呪いを廻る戦いに身を投じていく。

伏黒恵:泰江和明
東京都立呪術高等専門学校の1年生。二級呪術師として入学した天才で、1年生ながら唯一単独任務が許されている。過去のある経験から、自分自身が大切に想う者を守るという信念をもつ。

釘崎野薔薇:豊原江理佳
東京都立呪術高等専門学校の1年生。地方から上京してきた勝気な呪術師。閉鎖的で排他的な地元を毛嫌いしており、田舎から都会へ出るために、危険を承知の上で呪術高専へと編入した。

禪院真希:高月彩良
エリート呪術師の家系に生まれるも、呪力を持たず呪いも見えない。呪力を持たない分、高い身体能力を持ち、呪具使いとして禪院家を見返すべく奮闘する。

狗巻棘:定本楓馬
己の言葉が呪いの武器となる呪言師の末裔。普段から不用意に人を呪わないよう、おにぎりの具のみで会話する。

パンダ:寺山武志
見た目はただのパンダだが、その正体は夜蛾学長が作り出した人語を話す突然変異呪骸。表情豊かで、面倒見がよく漢気もある。

五条悟:三浦涼介
東京都立呪術高等専門学校の教師。軽薄でマイペース。常日頃から周囲を振り回すが、自他ともに認める最強の呪術師。強き仲間となる次世代を育成し、呪術界の未来を見据える。

七海建人:和田雅成
五条の後輩で脱サラ一級呪術師。高専で呪術師はクソということを学び、一般企業で労働はクソであると学び、より適正のある呪術師となった。

伊地知潔高:田中穂先
東京都立呪術高等専門学校の補助監督。呪術師を現場に送り届ける、結界術で帳をつくる、任務方針の指示など、バックアップを担当する。事務仕事が非常に得意。

家入硝子:石井美絵子
東京都立呪術高等専門学校の医師。呪力を反転させ正のエネルギーを産む「反転術式」を駆使し、他人の身体を修復して命を救う。

真人:太田基裕
人間を起源とする呪い。人の塊に触れてその姿かたちを変貌させてしまう。生まれたばかりであるためか、自分の能力に興味深々で、人体を使った実験を無邪気に繰り返している。

吉野順平:福澤希空(WATWING)
いじめを苦に不登校を選択した高校生。内向的な性格だが、観察眼に優れている。ある日、呪いである真人と出会い、次第に交流を深めることとなる。

夏油傑:藤田玲
「呪術師の楽園実現」を標榜し、かつて百人以上の一般人を呪殺した最悪の呪詛師。雌伏の時を経て、呪霊と結託し、ひそかに活動を再開している。

漏瑚:山岸門人
大地からなる呪いにして人語が話せる。偽りのない感情から生まれた呪いこそが、真に純粋な本物の人間であると主張する。人間との形勢逆転ひいては戦争を目論んでいる。

花御:南誉士広
森への恐れから生まれた呪い。人外の言葉を話すも、相手に直接意思を送ることで意思疎通を図る。

両面宿儺:五十嵐拓人
千年以上前に生存し、死後もなお現世を脅かす呪いの王。呪術全盛期の時代、術師が総力をあげて彼に挑み敗れた。死後、その死体は屍蝋の呪物となって様々な呪いを引き付け、悪化させる。指を取り込んだ虎杖の身体に受肉し、人類塵殺を高らかに謳う。

演出に小林顕作、脚本に喜安浩平

演出は、俳優、声優、演出家、脚本家と、多方面でマルチに才能を発揮する小林顕作、脚本は映画『桐島、部活やめるってよ』や舞台『ショーシャンクの空に』も手掛けてきた喜安浩平が手掛ける。

ストーリー

辛酸・後悔・恥辱…。人間が生む負の感情は呪いと化し日常に潜む。呪いは世に蔓延る禍源であり、最悪の場合、人間を死へと導く。
驚異的な身体能力を持つ高校生の虎杖悠仁は、自身の高校に現れた呪霊を倒すため、特級呪物「両面宿儺」の指を飲み込み、肉体を共有してしまう。
最強の呪術師である五条 悟の案内で、対呪い専門機関である「東京都立呪術高等専門学校」へと編入し、同学年の伏黒 恵、釘崎野薔薇と共に呪術を学ぶことに―。

呪いが廻る世界へ
少年は戦う「正しい死」を求めて

作品詳細

舞台『呪術廻戦』
原作:「呪術廻戦」芥見下々(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
演出:小林顕作
脚本:喜安浩平

公演スケジュール・チケット詳細

【東京公演】
期間:2022年7月15日(金)〜7月31日(日)
会場:天王洲 銀河劇場
住所:東京都品川区東品川2-3-16 シーフォートスクエア内 2階
チケット料金:S席 10,000円、A席(3階席) 8,000円 ※全席指定

【大阪公演】
期間:8月4日(木)〜8月14日(日)
会場:メルパルクホール大阪
住所:大阪市淀川区宮原4-2-1
チケット料金:10,000円 ※全席指定

■先行販売詳細
・デジタル版「週刊少年ジャンプ」定期購読者限定先行(抽選)
エントリー受付期間:4月18日(月)12:00〜4月27日(水)23:59
・ネルケハ ! ・2.5フレンズ共通先行(抽選)
・ 各出演者先行(抽選)
エントリー受付期間:4月28日(木)12:00〜5月9日(月)23:59
・オフィシャル先行(抽選)
エントリー受付期間:5月10日(火)12:00〜5月17日(火)23:59
・チケットぴあ プレリザーブ(抽選)&プリセール(抽選)
いち早プレリザーブ(有料会員向け抽選)エントリー受付期間:5月18日(水)11:00〜5月22日(日)23:59
プレリザーブ(抽選)エントリー受付期間:5月20日(金)11:00〜5月26日(木)23:59
2次プレリザーブ(抽選)エントリー受付期間:5月28日(土)11:00〜6月5日(日)23:59
プリセール(先着)エントリー受付期間:6月11日(土)10:00〜6月15日(水)23:59
・銀河劇場 劇場先行(抽選)※東京公演のみ
エントリー受付期間:6月6日(月)12:00〜6月12日(日)23:59

■一般販売詳細
発売日:2022年6月19日(日)10:00〜
東京公演:チケットぴあ / セブン-イレブン店頭マルチコピー機(Pコード:511-127)、銀河劇場チケットセンター
大阪公演:チケットぴあ / セブン-イレブン店頭マルチコピー機(Pコード:511-129)

※その他詳細・注意事項は公式HPを参照
URL:https://jujutsukaisen-stage.com/

©芥見下々/集英社
©芥見下々/集英社・舞台「呪術廻戦」製作委員会