フェアリーケーキフェア(Fairycake Fair)は、2022年夏のレモンスイーツを2022年5月17日(火)より順次、フェアリーケーキフェア グランスタ東京で発売する。

初夏限定「瀬戸内レモン」のカップケーキ&ビスケット

菓子研究家・いがらしろみが手掛ける、カップケーキとビスケットの店「フェアリーケーキフェア」から、瀬戸内レモンを使用した初夏限定スイーツが登場。果皮まで食べられる瀬戸内レモンの長所を活かし、瀬戸内レモンのおいしさをぎゅっと詰め込んだ焼き菓子などを展開する。

第1弾:「瀬戸内レモン生バターサンド」

レモンスイーツは第1弾、第2弾と分けて展開。2022年5月17日(火)より発売をスタートする第1弾では、フェアリーケーキフェアの「生バターサンド」を瀬戸内レモンフレーバーにアレンジした。

瀬戸内レモンの果実を丸ごと活かした自家製マーマーレードを、ホイップしたフレッシュバターと生クリームに混ぜ込んで、焼きたてビスケットでサンド。レモンのみずみずしい甘酸っぱさと、口どけ滑らかなクリームのマリアージュが楽しめる、贅沢な仕上がりだ。

おすすめは、ひんやりと冷やしてから楽しむこと。瀬戸内レモンの生バタークリームがビスケットになじみ、しっとりとした心地のよい食感に。ビスケットに丁寧にチョコがけした、ホワイトチョコもアクセントになり、とろける甘酸っぱさを口いっぱいに感じることができるはずだ。

第2弾:「ベイクド瀬戸内レモン」「瀬戸内レモンサンデー」

また続く第2弾として、「ベイクド瀬戸内レモン」「瀬戸内レモンサンデー」を6月1日(水)より発売。中でも注目は、フェアリーケーキフェア人気NO.1の手土産「ベイクドカップケーキ」シリーズの新作「ベイクド瀬戸内レモン」だ。

瀬戸内レモンならではのマイルドな酸味と爽やかな香りを引き出したレモンコンフィをたっぷりと生地に混ぜ込み、ふんわりと焼き上げた。トップには、レモンをモチーフにしたアイシングをあしらい、見た目にも華やかに仕上げている。

イートイン&テイクアウトで楽しめる「瀬戸内レモンサンデー」は、自家製の瀬戸内レモンソースをたっぷりとかけたソフトクリーム。バター香るビスケットとレモンヨーグルト味のメレンゲを添えて、サクサクとした食感も楽しめるようにした。

【詳細】
フェアリーケーキフェア2022年初夏スイーツ
■第1弾 2022年5月17日(火)発売
販売期間: 2022年5月17日(火)〜7月末予定※なくなり次第終了
販売場所:フェアリーケーキフェア グランスタ東京(東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東日本東京駅構内B1F)・オンラインショップ
・フェアリークリームウィッチ 瀬戸内レモン生バターサンド 5個入 2,000円
※フェアリーケーキフェア グランスタ東京では1個から購入可能 単品 400円。
・フェアリークリームウィッチ 生バターサンド レーズン&瀬戸内レモン2種セット ギフト箱 8個入 3,360円
■第2弾 6月1日(水)発売
販売期間:2022年6月1日(水)〜※製品によって販売期間が異なる。なくなり次第終了のアイテムもあり。
取扱店舗:フェアリーケーキフェア グランスタ東京・オンラインショップ
・ベイクド瀬戸内レモン 5個入 1,600円
・瀬戸内レモンセット 4,530円※〜7月末発売予定、なくなり次第終了<フェアリーケーキフェア オンラインショップ限定>
・瀬戸内レモンサンデー 700円※〜8月末予定