アイスクリームに特化したグルメイベント「あいぱく OSAKA」が、2022年8月4日(木)から8月15日(月)まで、大阪・あべのハルカス近鉄本店にて開催される。

アイスクリーム万博「あいぱく」あべのハルカス近鉄本店で開催

アイス評論家・アイスマン福留が代表を務める「日本アイスマニア協会」プロデュースによる「あいぱく」は、累計来場者数300万人を記録している国内最大規模のアイスクリームイベントだ。

日本全国各地から厳選したご当地アイス100種類以上

実に3年ぶりの大阪開催となる今回は、「日本アイスマニア協会」が日本全国各地から厳選した、16ブランド、100種類以上ご当地アイスが集結。“アイス好きの楽園空間”をコンセプトに、その場で食べる実演販売のソフトクリームやかき氷、ジェラートから、持ち帰って自宅で楽しめるカップアイスまで、多彩なアイスの数々が販売される。

“ハイブリッドソフトクリーム”や人気かき氷が初登場

中でも注目は、「あいぱく OSAKA」初登場のアイス。たとえば、香川県高松市のアイス専門店「アイスビストロヒライ」からは、いちご大福のおいしさを再現したソフトクリームや、シャインマスカットを贅沢に使ったソフトクリームパフェなど贅沢なハイブリッドソフトクリームが勢揃い。

また、東京の人気かき氷専門店「トーキョー シェイブアイス ネコゴオリ」は、開店当時からの人気メニュー「紀州南高梅ぜんかい」を用意。練乳ベースのかき氷に、贈答用高級梅干しと同等の上質な梅干しを5〜6個使用した濃厚梅ソースをたっぷりとあしらった、贅沢な味わいが魅力だ。

さらに、こだわりの農法で育てた桃やぶどうを皮ごと贅沢に使用した「桃農家カフェ ラペスカ」のジェラートや、ソフトクリームにホイップを重ね、みかんの果肉を贅沢に敷き詰めた「くりーむ堂」の看板スイーツ「みかんボンボン」などもラインナップする。

「アンドアールグレイ」新作マカロンジェラート先行販売も

加えて、天然ベルガモット香るアールグレイ専門店「アンドアールグレイ(&Earl Gray)」からは、新作「マカロンジェラート」を一足早く先行発売。パティシエが1つ1つ手作りしたマカロンに、世界各国から厳選した茶葉を濃縮抽出し、濃厚な味わいに仕上げたティージェラートをサンドした1品だ。マカロンとジェラートのフレーバーは、自分の好みの組み合わせをセレクトすることができる。

持ち帰り用のドライアイス付き保冷バッグ

また、アイスの持ち帰り用にあいぱくオリジナル保冷バッグをドライアイス付きで販売。会場で見つけたお気に入りのアイスをまとめて購入して、自宅にストック出来るのも嬉しいポイントとなっている。

【詳細】
アイスクリーム万博「あいぱく OSAKA」in あべのハルカス近鉄本店
開催期間:2022年8月4日(木)〜8月15日(月)
開催時間:10:00〜20:00 ※8日19:00まで、最終日(15日)は15:00閉場
開催場所:あべのハルカス近鉄本店 ウィング館9階催事場
住所:大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目1-43
入場料:無料
※状況により営業日や時間、イベント内容など変更となる場合あり。
■メニュー例
・桃モンブラン/桃農家カフェ ラペスカ 610円
・いちご大福/アイスビストロヒライ 850円
・かき氷/トーキョー シェイブアイス ネコゴオリ 1,100円
・みかんボンボン/くりーむ堂 740円
・マカロンジェラート/アンドアールグレイ 605円