ディオール(DIOR)の2024年春コスメとして、「ディオールスキン フォーエヴァー」シリーズから新作ベースメイクが登場。2024年3月1日(金)より新発売される。

みずみずしい“濡れツヤ”リキッド ハイライター

“崩れない美容液ファンデ”でおなじみでお馴染みの「ディオールスキン フォーエヴァー」シリーズから、新作ベースメイクがお目見え。中でも注目は、眩いほどのパールを閉じ込めたリキッドタイプのハイライター「ディオールスキン フォーエヴァー グロウ マキシマイザー」だ。

ポンポンと肌になじませると、うるおいを感じる至福のテクスチャーで密着し、濡れたようなツヤと輝きをプラス。ハイライターとしてはもちろん、ベースやチーク、アイカラーとしてもマルチに使用できるので、1つ持っておくだけでメイクの幅が広が広がりそうだ。

カラーは、「ピンク」や「ロージー」、「ゴールド」「ピーチー」などの華やかな4つのカラーに、圧倒的なパール感できらめきと透明感を与える“イチオシカラー”「パーリー」を加えた全5色で展開する。

<おすすめの使い方>

ここからは、「ディオールスキン フォーエヴァー グロウ マキシマイザー」のおすすめの使い方を伝授。「ハイライト」「チーク」「アイカラー」と、3種類の使用方法を紹介するので、光を自在に操って“プロ顔負け”のツヤ肌メイクを叶えてみて。

ハイライト

「ハイライト」としての使う時のポイントは、クリスチャン・ディオールのシグネチャーロゴの形をなぞった“CDライン”を意識して煌めきをのせること。目の周りを囲むように「パーリー」のカラーを置くことで、ナチュラルな立体感を演出できる。

ステップ1:「パーリー」カラーをアプリケーターで直接もしくは指にとり、頬骨に沿って少量ずつ3点置きする。さらに、指でまぶたに煌めきをのせる。

ステップ2:同様に、額・鼻の付け根・鼻先に少量ずつ点置きする。

チーク

「チーク」として使用する際は、「ピンク」や「ロージー」カラーをチョイスして。頬にアプリケーターを置くようにやさしく少量ずつ点置きし、きわをなじませるようにぼかせばOKだ。リキッドタイプなので、重ねる量によって発色と輝きを調整しやすいのもポイント。

アイカラー

最後に、ヘルシーにきらめく「アイメイク」のコツを紹介する。おすすめは、「ピーチー」をまぶた全体にのせてから「パーリー」で目頭やまぶたの中央に煌めきをプラスし、春夏にぴったりの“コーラルアイメイク”を叶える方法。

もちろん手持ちのアイシャドウとの重ね付けもOK。アイメイクの仕上げとして「パーリー」をまぶた・目の下・目頭に少量ずつ点置きしてなじませることで、いつもよりグロウな目もとを演出することができる。

“くすみを補正する”UVトーンアップ下地

ディオールの注目ベースメイクはほかにも。新作の「ディオールスキン フォーエヴァー トーンアップ グロウ クッション」は、使いやすいクッションタイプのトーンアップ下地。カラーは、スキントーンに合わせて選べる「アプリコット」と「ライラック」の2色を用意した。自然な明るさと艶やかな仕上がりを叶え、肌本来の美しさを整えてくれる。SPF45 PA++のUVカット効果を備えているため、メイクアップの上からも簡単に日焼け止めの塗り直しが可能だ。

また、美しい刺繍をほどこした数量限定のケースにも注目。スパークリングシルバーのロゴがきらめくピンクとベージュの2種からチョイスできる。

“明るめ”の新色コンシーラーも

さらに、クリーミーなテクスチャーを誇る「ディオールスキン フォーエヴァースキン コレクト コンシーラー」からは、明るさと肌なじみを両立したライトシェードの新色「00.5N」がラインナップする。色ムラや、目の下のクマ、赤みなど、気になる肌悩みを瞬時にカバーし、ハイライターとしても使用できる優れもの。どんなトーンの肌でも、リフトアップしたような洗練された印象をプラスしてくれる。

詳細

ディオール2024年春ベースメイク
発売日:2024年3月1日(金)
取扱店舗:
アイテム例:
・ディオールスキン フォーエヴァー グロウ マキシマイザー 全5色 各5,940円<新製品>
※「ロージー」の色味は公式オンライン ブティック限定。
・ディオールスキン フォーエヴァー トーンアップ グロウ クッション SPF45 PA++ 全2色 各 6,380円<新製品>
・ディオールスキン フォーエヴァー クッション ケース 全2色 各4,180円<数量限定>
・ディオールスキン フォーエヴァースキン コレクト コンシーラー 5,390円<新色>

【問い合わせ先】
パルファン・クリスチャン・ディオール
TEL:03-3239-0618