サイ(Scye)の2017年秋冬コレクションは、シルエットや素材の巧みな操り方で、上質な日常着を提案している。

そのなかでもキーワードとして掲げたのは「ボリューム」。シャツの背中にはヨーク下に大きくタックをとることで、肩甲骨のカーブを利用した立体的な丸いフォルムを構築させた。中綿を挟んだビックコートは程よいシルエットと軽やかな着心地で体を包み込んでくれる。プルオーバーはサイドにスリットを大きく入れて、滑らかなAラインに導いている。

テキスタイルは目立つものがあるわけではないが、少しずつ癖を出した。シワ加工を施したアンニュイなフード付きのコートやセットアップがあれば、対照的に色をいくつも重ねたようなチェック柄のジャケットとスラックスもある。ウィメンズでは、シルクウールサージのロングサックドレスやプリーツスカート、レースのキャミソールなど、女性らしさを潜めてフェミニニティを纏わせる。

カシミア混のウールメルトンコートは、ロング丈のラグランスリーブで滑らかさを出した。お馴染みのレザージャケットはミニマルな仕立てで、今季はラムレザーのダブルブレストに加えて、カーフのシングルブレストも提案している。主張的なものがあるわけではない。ただ、ひとつひとつのシルエットや素材の選択をうまく交差させて、上質さを丁寧に紡ぎ出しているようだ。

そして、春夏の定番である鹿の子素材を、今回は秋冬仕様にアップデート。ロゴ入りのプルオーバーを製作している。襟付きとモックネックのいずれもカジュアルな2スタイルは、少しだけデフォルメ。肉厚の鹿の子によっては、ヴィンテージ感のある風合いを醸し出している。絶妙なバランスのなかで生まれた美しさというのは儚い。今季は、そのなかで日常着がある種の深化をみせている。