サスクワァッチファブリックス(Sasquatchfabrix.)2017年秋冬コレクションのテーマは、精神や思潮を意味する「ethos」。日本を感じさせる「和」に「不良」要素を融合し、斬新なストリートスタイルを提案した。

「和」を直接的に表したアイテムは、着物の合わせ方を取り入れたトップスや羽織、そしてドレープが綺麗に出るツイード生地を採用した袴風のパンツなど。さらに、サスクワァッチファブリックスが得意とするストリートアイテムにも絶妙に溶け込け込んでいる。オープンカラーシャツやスウェットに、日本人にとってお馴染みの「いろはにほへと」をデザイン化した“イロハ文様”をグラフィティ風に散りばめ、現代風にアップデート。さらにダメージ加工されたスウェットには、グラフィティ風イロハ文様を発泡プリントでスリーブロゴに。

そんな中、パンチのある「ヤンキー感」を加えるのは、大友克洋の漫画『AKIRA』で出てくる台詞を彷彿させる「健康優良不良少年」と書かれたフットボールマフラーだ。存在感を見せつけるこのアイテムは、ニュージランドメリノ糸を使用した柔らかい触り心地が特徴。スウェットパーカーにあしらわれた、インパクトのある4文字もそんな世界観を盛り上げる。ダメージ加工をあえて施したパーカーの中央には「ヨロシク」と刺繍された。

スタイリングはこういったアイテムを組み合わせ、和×ストリート、ヤンキー×和と、パンチの効いたサスクワァッチファブリックス流の「新ストリートスタイル」に。中でもパンツスタイルには、柔らかいスエードやレザーを使用した長いガチャベルトをアクセントに取り入れている。