映画『ゲット・アウト』が、2017年10月27日(金)より、TOHO シネマズ シャンテほか全国の劇場で公開される。

ストーリー

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、使用人が全員黒人であることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿に見とれる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで気が滅入ってしまう。

そんな中、どこか古風な黒人の若者を発見。思わず携帯で撮影すると、フラッシュが焚かれた瞬間、彼は鼻から血を流しながら急に豹変し、「出ていけ!」と襲い掛かってくる。何かがおかしいと感じたクリスは、ローズと一緒に実家から出ようするが…。

【インタビュー】ジョーダン・ピール監督

製作は『インシディアス』『ザ・ギフト』『セッション』『スプリット』などヒット作を手掛けてきたジェイソン・ブラム。そして監督・脚本を務めたのは、アメリカの人気お笑いコンビ「キー&ピール」のジョーダン・ピールだ。

長らくコメディアンとして活躍し、自身のお笑いネタでも人種をテーマにしたものを発表しているジョーダン。監督デビュー作となる『ゲット・アウト』では、社会問題と自身が長年ファンだというホラー・スリラーというジャンルをかけ合わせた。社会批評や風刺、じわじわと来る恐怖、さらにコメディーに通じるユーモアも折り混ぜた“社会派スリラー”となっている。

また本作は、アメリカのニューヨークで黒人と白人の間に生まれた彼の個人的な経験にもインスパイアされている。アメリカに見られる人種への向き合い方、そして無意識な偏見がリアルに描かれた。そんなジョーダン・ピールに『ゲット・アウト』について話を聞いた。

『ゲットアウト』を作ろうと思ったきっかけを教えてください。

本作はスリラー・ホラーというジャンルに、私独自の声を与えることで貢献したいという思いから生まれたものです。私の本当の恐怖やこれまで経験してきた問題が反映されていて、様々なテーマを含んでいます。アメリカの人種への向き合い方や、無関心という概念、そして無関心であり続けたら人間は残虐な行為が起こっていても傍観してしまう、ということについて描きました。

『ゲット・アウト』の魅力とは?

ありえないシチュエーションながら、観客が観ていて「自分だったらこの状況に立たされた時どうするんだろう」と思ってしまうような、現実味のあるストーリーである点です。この映画はホラーというより「社会派スリラー」。今までにない、ユニークな映画になっていると思います。

これまで手掛けていたコメディと『ゲット・アウト』のホラー、異なるジャンルですが何か共通点はありましたか?

コメディとホラーは共通の要素がたくさんあると思います。映画の構成や観客を誘っていく手法、タイミングを計って予想の裏をつくような手法も同じです。自分の大好きなホラーというジャンルに、コメディで学んだすべてを注ぎ込むのは面白かったですね。

作品は低予算映画ながらも、全米初登場でNO.1を記録。映画評論家によるアメリカの映画レビューサイト・ロッテントマトでも99%フレッシュ(高評価)の評価を得るなど、本国アメリカでは大ヒットを記録している。

『ゲット・アウト』は初監督作ながら大ヒットを記録し、注目されていますね。次回作など、今後のビジョンがあればぜひ聞かせてください。

次回作ははっきりと明かせないのですが、今回と同様「社会派スリラー」というジャンルをさらに深く追求したいと思っています。ただ『ゲット・アウト』とは全く違ったタイプの映画になると思います。テーマは人種差別ではなく、また一味違った社会が抱える問題。それを「社会派スリラー」というジャンルを通して表現したいです。次回作も私が監督・脚本を担当し、今まさに書いているので、ぜひ楽しみにしていて下さい。

ヒロインは海外ドラマ『GIRLS/ガールズ』のアリソン・ウィリアムズ

主人公のクリスには、『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』や『ボーダーライン』に出演したダニエル・カルーヤ。そしてヒロインには、海外ドラマ『GIRLS/ガールズ』でマーニーを演じ一躍人気となった、アリソン・ウィリアムズが抜擢された。アリソンは今回が映画初出演となっている。

作品情報

映画『ゲット・アウト』
公開日:2017年10月27日(金)
製作:ジェイソン・ブラム
監督・脚本:ジョーダン・ピール
出演:ダニエル・カルーヤ、アリソン・ウィリアムズ、ブラッドリー・ウィットフォード、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、キャサリン・キーナー
© 2017 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved