アキラナカ(AKIRA NAKA)の2018年リゾートコレクションが発表された。今季のテーマは「ニューバランス」。デザイナー・中章が毎シーズン生み出す“モードなエレガンス”には、様々な要素が組み入れられており、また新たな世界を魅せてくれている。

今季のポイントの1つ:コルセット使い。本来下着として使われていたそのアイテムをモダンに再解釈し、生み出したのはウエストコンシャスなシャツドレスやスカート、そしてジャケットとレイヤードするキャミソールトップスだ。それぞれ腰に吸い付くようなシルエットがフェミニティを生み出していると同時に、どこかモードな雰囲気。アクセサリー感覚でつけるレザーコルセットはぴったりとウエストのラインを出しながら、ヒダが上下に広がったユニークなデザインだ。程よい締め付けが着るものに緊張感と高揚感を与え、マチュアな魅力を引き出す。

毎シーズン鮮やかなプリントを取り入れるアキラナカ。すべてアトリエで描かれたオリジナルグラフィックを使用しているが、今回はこれまでのフラワー柄から一変。亜熱帯を感じるボタニカル柄や、カリブなどの南国を彷彿させるヤシの木、そこに住む原住民を描いた絵柄がトップス、パンツ、ワンピースに散りばめられた。コルセットの緊張感と打って変わり、リゾートを感じさせるリラックスした雰囲気だ。

これまで立体裁断により、女性を美しく魅せるカッティングにこだわってきたが、今シーズンはさらに大胆にハサミを入れ、主張のあるシルエットを作り出したのもポイント。立体的なスカートや、深いスリットが入ったトップスなどが着こなしにパンチを与えている。スリットトップスは動いた際に、ちらっと裏地のストライプ柄が覗く上品な仕掛けが施されている。

スタイリングはそんな適度に緊張感の宿るアイテムと、リラックスウェアを組み合わせたもの。南国柄のワンピースにコルセットを合わせたり、コルセット内臓シャツは前を開けて、パンツを組み合わせたりと、その絶妙な着こなしが肩肘をはらないモードエレガンスを導いた。