BIGBANG(ビッグバン)のSOL(ソル)が、フェンディのミレニアル世代に向けた新たな試みである「エフ イズ フォー(F IS FOR…)」のパーティーイベントに、2018年春夏メンズコレクションを身に着けて来場した。

フェンディの2018年春夏メンズコレクションでは、カール ラガーフェルドが約50年前に誕生させたブランドアイコンである「ダブルF」を主役に、クラシカルなワードローブを提案していた。

SOLが身に着けたジャケットにももちろん、左胸に「ダブルF」があしらわれている。裾のインディゴをアクセントとしたシンプルなホワイトデニムのジャケットは、カジュアルだがクリーンな印象。ミレニアル世代の代表の1人として登場した彼にはぴったりのスタイリングだ。なお、動画「F IS FOR…FEATURE#2」では、イベント会場でのSOLの様子が捉えられている。

また、カプセルコレクション「フェンディ フォー ヨンベ(FENDI For Young Bea)」を発表。日本での販売予定はないが、ジャケット、Tシャツ、バックパックなどを展開する。

同コレクションについて、SOLは「フェンディと今回のプロジェクトに取り組み、このカプセルコレクションを発表できたことは幸運だと思っています。(鞄にあしらわれている)デイジーは僕の好きな花で、SAVED、GRACE、FAITH、TRUTH、PASSIONといった言葉はどれも僕に強いインスピレーションを与えてくれる言葉です。」と語っている。

※2017年9月以降に、マカオのワン・セントラル旗艦店とDFSフォーシーズン店、シンガポールのマリーナベイ・サンズ旗艦店、台北、ソウル、シドニー、クアラルンプールの直営店にて限定販売予定。