ヨウジヤマモトが、蜷川実花とのフォトエキシビジョン『Yohji Yamamoto×Mika Ninagawa [ BLACKLIGHTS ]』を開催。2017年9月に好評を博した東京・青山での展示を巡回し、2017年10月28日(土)から11月30日(木)まで、ヨウジヤマモト名古屋 PARCO midi店にて行われる。

蜷川実花が撮る、ヨウジヤマモトのモノクロ世界

パリ・セーヌ河岸にあるレ・ドックス・シテ・ドゥ・ラ・モード・エ・デュ・デザインで発表されたヨウジヤマモト2017-18年秋冬パリコレクション。バックステージを撮影したのは写真家、映画監督の蜷川実花だ。このエキシビジョンでは、普段は色鮮やかな作品で知られる蜷川が撮る、山本耀司のモノクロームの世界が繰り広げられる。

山本耀司が蜷川実花に贈った「挑戦状」

フォトエキシビジョン開催にあたって、山本耀司と蜷川実花に今の想いを聞いた。兼ねてから「一緒に仕事ができたら」と話していたという2人のコラボレーションが、実現に至った経緯とその心境とは。

Q.お二人が出会ったきっかけを教えてください。

蜷川:ヨウジヤマモトは、私の父と母の一張羅。2人とも大好きなブランドで、ヨウジさんの服をずっと着ていました。それを見て過ごした私にとってもヨウジヤマモトは、本当に身近だったし、幼いころから憧れのブランドでした。

山本:そうですね。お父様は特に着てくれていて、彼とは本当に仲が良かったんですよね。だから、蜷川さんは小さな頃から知っていました。これまで何度も、2人とお会いする機会がありました。

Q.お互いの作品にはどのような印象を持たれていたのですか。

蜷川:ヨウジヤマモトの服には思想が入っている。思想を身に纏えるのはすごいことだと、ヨウジさんの服を着て思います。大人になって袖を通して、服ってこんな力があるのかと体感しました。

山本:蜷川さんの作品はカラーが多いだけじゃなくて、すべてが特別な色。赤も青も、ひとつひとつが美しい。それに、「え!」って驚くような色の使い方をしています。それらに強い印象を受けていました。

Q.フォトエキシビションを共同で行うきっかけを教えてください。

山本:今回のフォトエキシビジョンは、僕から彼女へのある一種の「挑戦状」のようなもの。カラフルな作品を作る蜷川さんに、あえてそこを我慢して白黒で表現してほしいというね。

それを考えたのは去年の3月、蜷川さんがヨウジヤマモトのショーを見に来てくれた時です。ショーが終わったあと、その瞬間に僕の中で「次は蜷川さんにバックステージを撮ってもらうぞ」と。そして、その撮ってもらった作品を大きく引き伸ばして、“蜷川実花のブラック&ホワイト”を見せようと決めたのです。

Q.蜷川さんはその話を受けてられていかがでしたか。

蜷川:はじめて出会った時、「何か一緒にできれば嬉しいです。」というお話はさせていただいていました。でもまさか、いきなりド真ん中のことを言われるとは思ってもみませんでした。中枢というか、一番大切なコレクションに呼んで下さって、バックステージを撮るという大役を。

Q.ご一緒に作品を作ると決まった時の想いを教えてください。

山本:蜷川さんに今回の仕事をメッセージでお願いしたら、短い返事が返ってきました。「そうですね。何か出来たらいいですね。でもやるなら“バッチリ”」って。今でも忘れられません。

“バッチリ”という言葉が、僕にとってはほとんど脅迫のように聞こえました(笑)。やるならトコトン突き止める。やっぱり蜷川さんはすごいなと思います。

蜷川:小さなころからの憧れであったヨウジヤマモトを通して、こんな風にご一緒できるなんて思わなかったので、今回のフォトエキシビジョンは私にとって本当に幸せな体験。だからやるからにはやりきろうと。こうしてスペシャルな場所で撮らせてもらったものですしね。それを皆さんと共有できるのは、とても嬉しいことだと思っています。

詳細

Yohji Yamamoto×Mika Ninagawa [ BLACK LIGHTS ]
期間:2017年10月28日(土)〜11月30日(木)
開場時間:10:00〜21:00 ※名古屋 PARCO midiのオープンに準じる。
会場:ヨウジヤマモト名古屋 PARCO midi 店
住所:名古屋市中区栄 3-29-1 名古屋 PARCO midi 1F・2F