ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA)の2018-19年秋冬メンズコレクションが、2018年1月13日(土)にイタリア・ミラノで発表された。

世界のミレニアル世代を主役に、若者たちの自由な発想を煌びやかな洋服で表現してきたドルチェ&ガッバーナが、今季掲げたテーマは「KING'S ANGEL」だ。ランウェイにはオースティン・マホーンをはじめとするミレニアルズも勢ぞろい。彼らの身に着けるワードローブには、王冠を被った天使たちが、グリッターのプルオーバーや、愉快なパッチワークで現れる。ポップなモチーフがランダムにあしらわれるその中には、きちんとLOVEの文字も添えられている。

王様らしくあるため、ふんだんにあしらった装飾はリッチなファーや輝くビジュー、古典的な花柄、ゴシック模様など。ジャケットやコートはショールカラーに仕立て、ラぺルにボリュームを与えることでよりラグジュアリーな1着へと昇華した。

さらには、ベースとなるファブリックに、ユーズド感のあるデニムのジャケットや、ラグジュアリーなベルベットランウェイを混在させて、気ままな発想を加速させていく。その中にはエンジェルらしいポイントもおいていて、そのひとつが時折現れた優しいペールピンクの彩りだ。

今季を強く象徴する小物も見逃せない。前回の秋冬コレクションでは、クマを背負うバックパックが目を引いたが、今回背負うのは天使。それから羽の生えた愛の象徴。次世代を担う彼らたちが見せる自由な発想はとめどなく溢れ、その様はまるで愛で世界を満たしていくようだ。