ユニクロ(UNIQLO)は、ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)のクリエイティブ・ディレクターであるトーマス・マイヤー(Tomas Maier)とコラボレーションし、初のリゾートウエアコレクションをローンチ。2018年5月18日(金)の発売に先駆け、トーマス・マイヤー本人が来日、ショーを開催した。

リゾート地の優しい潮風をユニクロのライフウエアへ

ボッテガ・ヴェネタのクリエイティブ・ディレクターとしてニューヨーク、ミラノ、フロリダなどを拠点に活躍するトーマス・マイヤー。ユニクロは、世界各国で活躍するなかでリゾート地の本場にも身を置く彼とタッグを組むことで、あらゆるシーンで活躍するライフウエアに優しい潮風を取り入れた。偽りのない、本場のリゾートウエア。心からリラックスできるリゾートウエアを追及して、今回のコレクションが完成した。

ウィメンズではドレス、キャミソール、ポロセーター、スイムウエアなどリゾート着はもちろんタウンユースとしても活躍するアイテムをそろえた。一方メンズでは、ジャケット、Tシャツ、ポロシャツ、スイムパンツなどコーディネートしやすいラインナップを展開する。

機能的な素材と気分が上がるカラーパレットをセレクト

ウィメンズのパイル地クルーネックTシャツやショート丈のパンツ、また、メンズのジャケットはエアリズム(AIRism)を採用。シャツはエクストラファインコットンで軽やかに仕立てた。サマーニットは、カシミア100%の贅沢な素材感で、かろやかな夏の装いをほんのりリッチにみせてくれる。

カラーパレットは、トーマス自身が「気分が上がる色選びをした」という、ジューシーなオレンジやイエロー、光を反射するようなホワイトなど力のある色合い。そこに、パーム柄を取り入れてグッとリゾート感を強めている。

気持ちが高揚するようなリゾートウエアの実現

発売を控えた2018年3月14日(水)に、トーマス・マイヤーが来日。コラボレーションに賭けた思いを語った。

コラボレーション決定についての感想を教えてください。

とても嬉しいことだと感じています。僕自身もよく身に着けていて、Tシャツやスウェットなどスタンダードなものを、ボッテガ・ヴェネタのワードローブとあわせてミックスアップしたスタイルを楽しんでいます。ユニクロは、ベーシックなアイテムが多いので、あらゆる合わせ方を楽しめますし、自分のアイデンティティにフィットするスタイルを見つけられるのです。

トーマスさんが思う、ユニクロの良さはどのようなところだと思いますか。

ユニクロの服は、手に届きやすい価格でありながらも、デザインを安易に考えているわけではなく、どれも二番煎じじゃない。“デザインする”ということが洋服にきちんと反映されているのです。だからこそ、ユニクロの服は丸みを帯びてきても捨てたくないもの、大事にしてもらえるものだと思います。それが良さではないでしょうか。

ユニクロとコラボレーションをすることは、トーマスさんにとって新しい挑戦だったのではないですか。

そうですね。今まで僕がやってきたブランドとは、デザインをする上でのプロセスが違うので。でも、ユニクロの服を通して、今まで以上に多くの人との対話ができることも楽しみだと感じています。

あらゆるアイテムを提案してきたユニクロにとっても、初となるリゾートウエアコレクションです。トーマスさんにとってリゾートウエアはどのような存在なのでしょうか。

服を着ることは、気持ちの移り変わりにも影響しますよね。そんな中で、リゾートウエアは、僕にとって気持ちが高鳴るものなのです。

ユニクロとのコラボレーションで目指したことは何ですか。

僕にとってリゾートウエアがそうであるように、気持ちが高揚するような服。皆さんに気持ちよく身に着けてもらえる服。幸福感に満たされるような色、快適に過ごせる機能的な素材を選んで制作しました。

そして、リゾートウエアと言えども、身に着けるシーンを選ばないアイテムであることも大切だと思っていて。例えば、ビーチだけでなく、ボタンをしめれば街にも出られるようなものを作りたかった。1着の服を買うのに、ひとつのシチュエーションでしか着られないのはもったいないですよね。今回のコレクションのアイテムが、いろんな場所で身に着けられるものであればと思っています。

今後も継続の予定はありますか。

今のところはまず、今季のコレクションをやり切りたいと思っています。皆さんからもしいい反響をいただければ、今後も考えていきたいですね。

詳細

トーマス マイヤー アンド ユニクロ
発売日:2018年5月18日(金)
全商品取扱店舗:ユニクロ銀座店、ビックロ 新宿東口店、吉祥寺店、札幌エスタ店、仙台泉店、名古屋JRゲートタワー店、OSAKA店、心斎橋店、オンラインストア
※一部商品はユニクロの全店舗にて発売
■メンズアイテム
・ジャケット、ブルゾン 2,990円+税〜5,990円+税
・パンツ 2,990円+税〜3,990円+税
・Tシャツ 1,500円+税
・ポロシャツ 1,990円+税〜2,990円+税
・ニット 9,990円+税
・ビーチサンダル 1,990円+税
■ウィメンズアイテム
・ジャケット 5,990円+税
・パンツ、スカート 2,990円+税
・Tシャツ 1,500円+税
・ブラウス、シャツ 2,990円+税〜3,990円+税
・ラウンジウエア(Tシャツ、パーカー、ショートパンツ) 1,500円+税〜2,990円+税
・ブラキャミソール、タンクトップ  1,500円+税〜1,990円+税
・スイムウェア 990円+税〜3,990円+税