ヴィム・ヴェンダース製作総指揮による音楽ドキュメンタリー映画『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』が、2018年7月23日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国の劇場にて順次公開される。

名匠ヴィム・ヴェンダースによる音楽ドキュメンタリー続編

『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』は、ギタリストのライ・クーダーとキューバのミュージシャン達で結成されたバンド「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」の世界ツアーに密着したドキュメンタリー映画。1999年に全米で公開され、アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にもノミネートされたヴィム・ヴェンダース監督の『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』の続編となる。

前作は日本でもミニシアターの枠を超えるヒットを記録。その影響は、サルサダンスのブームやキューバレストランの流行、キューバへの直行便の就航などの社会現象にまで広がった。

「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」とは

ヴェンダースが追った「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」とは、結成当時92歳のギタリストからかつて第一線で活躍していたキューバのベテラン歌手まで、打楽器や管楽器のメンバーも含む大所帯のバンド。ヴィム・ヴェンダース監督映画『パリ・テキサス』のサウンドトラックを手がけたことでも知られるスライドギターの名手、ライ・クーダーが、キューバを旅した際にセッションした地元のベテラン老ミュージシャンたちと結成した。

1997年に、クーダーのプロデュースにより発売した同名のアルバムは、ワールド・ミュージックのジャンルとしては異例となる400万枚の売り上げを記録し、後にグラミー賞も獲得している。

ステージでの活動に終止符、バンド最後の“アディオス”世界ツアーを収録

その続編で、ヴィム・ヴェンダースが製作総指揮を務める本作は、前作から18年、グループによるステージでの活動に終止符を打つと決めた現メンバーによる“アディオス”(さよなら)世界ツアーを収めたドキュメンタリー。

文字通り“最後のステージ”を意識した「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」の現メンバーを追ったカメラは、彼らのプロとしてのキャリアの浮き沈みから、これまでのパーソナルな旅路、そしてメンバーの死にまでも肉薄している。

詳細

映画『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』
公開日:2018年7月20日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他 全国順次公開
製作総指揮:ヴィム・ヴェンダース 他
監督:ルーシー・ウォーカー
出演:オマーラ・ポルトゥオンド(ヴォーカル)、マヌエル・“エル・グアヒーロ”・ミラバール(トランペット)、バルバリート・トーレス(ラウー)、エリアデス・オチョア(ギター、ヴォーカル)、イブライム・フェレール(ヴォーカル)
原題:Buena Vista Social Club: Adios