エンダースキーマ(Hender Scheme)の2018-19年秋冬コレクションが、2018年6月2日(土)より直営店のスキマと全国の取扱い店舗にて順次発売される。

2018-19年秋冬コレクションのテーマは、“FLAT”。靴づくりの習慣を覆す新たなアイディアから生まれたシューズ、独自に開発したヌメ革のパテントレザーによる小物を製作するなど、ブランドらしさを随所に感じられるコレクションとなった。

オマージュラインから、カーフレザー初採用のバスケットシューズ

生産過程、そして使用する中での時の経過をもデザインに取り込むエンダースキーマを象徴するオマージュライン。毎シーズン新たなモデルが誕生する同シリーズから、今回は素材に初めてカーフを採用したバスケットシューズを提案する。

キメ細やかでしなやか、そして柔らかなタッチ感を持つカーフ。その魅力を活かすシンプルなデザインで、足を通せば優しく包み込まれるような心地よさを感じられる。さらに一緒に時を過ごせば過ごすほど、革が馴染み、履き心地の良さも増していくだろう。

そして、オマージュラインから今季はもうひとつニュースが。2017年秋冬コレクションにて登場したスリッポンタイプに、ブラックが新色として仲間入りする。

あなたの記憶に語り掛ける3つの配色

前シーズンに誕生した「typical color exception」からは、配色がもつイメージを落とし込んだレースアップシューズとローファーが登場する。今季、採用したのはある企業やブランドを連想させるカラー。履く人、そして見た人の記憶に語り掛ける3つの配色が揃った。

新作シューズには、チャレンジングなデザインをプラス

mutation 3

「mutation 3」は、クラシックなチャッカブーツに、つま先から踝にかけてクロスストラップを施した1足。アイレットはなく、金具で止まっているテープを外すだけで簡単に着脱ができる。タン裏にはゴムが仕込まれており、フィット感も抜群。

full lace trek

「full lace trek」は、一見すると既視感のあるトレッキングシューズ。しかし、アッパーをU字に縁取るモカ縫いをすべてシューレースで縫い上げることで、今までとは全く異なるシューズへと転換した。2種類のレースが付属しているので、その日の気分によって交換も可能だ。

mouton lace

「mouton lace」の魅力は、1枚仕立てのダブルフェースのムートンによって得られた柔らかな履き心地。甲部分はラストより高く設定しているため、紐を結べば自然とギャザーができ、立体感が生まれる。カウンターのみ、しっかり踵を包み込むためスウェードを取り入れる気遣いも嬉しい。

【詳細】
エンダースキーマ 2018-19年秋冬コレクション
発売日:2018年6月2日(土)以降順次
取り扱い:直営店のスキマと全国の取扱い店舗

・スキマ
住所:東京都渋谷区恵比寿2-17-20 長谷川ビル 1F
TEL:03-6447-7448