ディオール(Dior)は、新メイクアップライン「ディオール バックステージ(DIOR BACKSTAGE)」」を2018年7月6日(金)より限定店舗にて発売する。

「ディオール バックステージ」とは?

「ディオール バックステージ」は、ファッションショーや撮影現場のバックステージから生まれた新メイクアップライン。全てのアイテムは、華やかな場で活躍するメイクアップアーティストたちが使用するアイテムからインスピレーションを得ている。

特徴は、どんな人でも簡単にプロの仕上がりが実現できること。テクスチャーは軽く重ねやすいので、難しいテクニックがなくても美しいナチュラルメイクが手に入る。まだどんな肌色の人にもぴったりなカラーが見つかるのも嬉しいポイントだ。

日本発売に先駆けて、2019年リゾートコレクションや、イギリス王室ヘンリー王子と女優メーガン・マークルのロイヤルウエディングなど、様々なシーンで「ディオール バックステージ」は早くも活躍。

ディオールのニューメイクを紹介

今回は、ディオール2019年リゾートコレクションを振り返りながら、ディオールのニューメイクを紹介する。

フェイス

「ディオール バックステージ」の中でも注目の「フェイス&ボディ ファンデーション」。10の明度と3色のアンダートーン、3つの色相によって構成されているので、なりたい肌色やイメージに合わせて自由に組み合わせて使用できる。

テクスチャーはつけていないほど軽いのが特徴。ウォータープルーフ処方で肌にすっと溶け込み、これ以上ないと思えるほど美しい肌へと導いてくれる。

仕上げに、「ディオール バックステージ コントゥール パレット」を。すっと肌に纏わせれば立体感のある顔立ちに。また頬骨には「ディオール バックステージ グロウ パレット」のホワイトとゴールドをブレンドしてのせ、ツヤ感と立体感をプラスした。

アイ

目元は「ディオール バックステージ アイ パレット」から001 ウォームをチョイス。肌色にすっと溶け込む馴染みやすいカラーは、まぶたにのせると透明感を引き出してくれる。

目元はナチュラルに仕上げたら、眉にポイントをのせて。眉毛を丁寧に梳かしてから「ディオール バックステージ ブロウ パレット」の明るいシェードを眉の隙間に、その上からダークカラーを重ねることで、ワイルドさを孕んだパワフルなアイブロウが完成する。

リップ

9色が詰まった「ディオール バックステージ リップ パレット」から、ピンクのグロスを選び、唇にのせた。ほんのりとツヤのあるナチュラルなリップは、肌と目元を引き立ててくれる。グロスを乗せる前に「ディオール アディクト スクラブ&バーム」でケアすればより美しい口元が手に入るはず。

【詳細】

「ディオール バックステージ(DIOR BACKSTAGE)」
発売日:2018年7月6日(金)限定店舗で発売
※6月20日(水)よりディオール公式オンラインブティックで先行販売。同日より伊勢丹新宿店にて期間限定イベント開催。
<アイテム例>
・ディオール バックステージ フェイス&ボディ ファンデーション 全21色 各5,100円+税
・ディオール バックステージ コントゥール パレット 全1色 4,600円+税
・ディオール バックステージ アイ パレット 全2色 各5,500円+税
・ディオール バックステージ フェイス グロウ パレット 全1色 4,600円+税
・ディオール バックステージ リップ パレット 全1色 5,500円+税
・ディオール バックステージ ブロウ パレット 全2色 各4,000円+税 ほか