ヴァレンティノ(VALENTINO)が日本へ。2019年プレフォールコレクションが、メンズ・ウィメンズ合同で2018年11月27日(水)東京・品川の寺田倉庫で発表された。

日本文化に触れたヴァレンティノ

日本でランウェイショーを行うにあたり、テーマとして掲げたのは和との融合。古来から伝わる「間(ま)」「侘び・寂び」といった考え。日本人の心に眠る古典的な文化に触れることで、ヴァレンティノのピエールパオロ・ピッチョーリは、メゾンの象徴つまり"見慣れたシンボル”を目新しいもの=日本文化に落とし込む手法をとった。

私たちの日常に落とし込むこと

クリエーションをする上で、最も大切にしたことは(日本人の)日常にマッチさせることだという。ヴァレンティノのショーピースといえば、私たち日本人の日常から"かけ離れた存在である”ほど優美であったが、今季のショーは一味違う。この当たり前が払拭され、美しいよりも「可愛い」「着たい」「欲しい」という感情が上回るような"親近感”が感じられた。

アイコンピースがチャーミングに

例えば、メゾンのコードの一つラッフルは、小さくなっていてチャーミングな印象。ロングドレスは2ピースのセットアップに変換されていたり、膝が見えるミニ丈に姿を変えていたり、程よい塩梅で"カジュアルさ”が加えられている。

立体的な花刺繍のコートやスカラップを重ねたドレスも、そのボリューム感は控えめ。装飾も裾にファーがあしらわれていたり、アームの一部にフリルが配されていたり、どれも部分的に取り入れられたもので、品のよさが感じられる。

デイリーワードローブがヴァレンティノ仕様にチェンジ

日常で来ているデイリーワードローブが、ショーピースへと昇華されていたのも印象的だった。ダウンジャケット、デニムジャケット、スニーカー、フーディジャンパー。クローゼットを開ければ誰もが手に取れるような身近なピースが、ヴァレンティノ仕様に変わっている。もちろん、ラグジュアリーなエッセンスは投下されて。

ダウンジャケットは間にフェザーを差し込みドラマティックに。デニムジャケットはフリルをあしらってコートスタイルとなり展開される。スニーカー&ソックスの黄金コンビも、ドレスルックと交われば、たちまち上品なムードに。また、日本のショー開催に伴い、ギンザ シックスにオープンした限定ショップと連携させて、日本人アーティスト宮崎いず美の作品を取り入れたフーディコートも登場した。

静かに歴史を語り掛けるアイコンカラー

アイテム選びや素材使い、デコレーションのセレクトなど"目新しさ”を体感させる選択が多い中、メゾンの長き歴史を静かに語ったのは、カラーパレットだ。ヴァレンティノをずっと支えてきた赤と黒、この2つのアイコンカラーをメインに使用。特に、オープニング・フィナーレは赤一色に染まり、母国から離れた遠い国・日本でもヴァレンティノの伝統を視覚的に訴えかけていた。