クロエ(Chloé)の2019年秋コレクションが発表された。

多彩なパターン

今シーズン一際目を惹くのは、多彩なパターンを取り入れたアイテム。ノスタルジックなムードを醸し出すフローラルプリントのドレスや、だまし絵の技法を使ったハウンドトゥース柄ショートパンツなどがコレクションを彩る。

クロエのアイコンモチーフ「フェミニティーズ(femininities)」はバロック調のカメオとなって、チェーン状のイラストとして軽やかなブラウスに描かれている。新たなCモノグラムはジャカード織りで、ジャケットの上に表現された。

ドレスは斬新なスタイリングで

クロエが得意とする贅沢なドレスは今季も健在。複数の布地を組み合わせたバイアスカットのエプロンタイプや、ネックに寄せられたギャザーとふんわりとしたハンカチーフスリーブが特徴のロングドレスなどが展開される。

ドレスは斬新なスタイリングで本領を発揮。フラワープリントのドレスには、フレアシルエットのパンツをレイヤードして。シルクのエプロンドレスには軽やかなスカートを合わせている。深く入ったスリットとボウタイがフェミニンな印象のロングドレスには、テーラードジャケットを合わせてマスキュリンに仕上げた。

パドロックを配した新作バッグも

バッグには新作として「Aby」と「Annie」がラインナップ。ボディを包み込むベルトにクロエのシグネチャーである"パドロック"を配したのは「Aby」。トップハンドルのついたバッグにはショルダーストラップも付属しているため、2WAYで使うことができる。ボックスシェイプのチェーンバッグ「Annie」は、煌めくゴールドのハードウェアが、華やかな印象をもたらしている。