現代美術家・ピュ〜ぴるによる個展「ゴッデス(GODDESS)」が、2019年11月22日(金)から2020年2月13日(木)までディーゼル(DIESEL)が展開するディーゼル アート ギャラリー(DIESEL ART GALLERY)にて開催される。

ピュ〜ぴるの創作活動は、「生と死」や「男と女」「加害と被害」など、対立する概念を自らの身体と重ね合わせて昇華。作品は、ジェンダーやセクシュアリティの垣根の先にある高次の世界へ誘うものだともいえる。表現方法は多岐にわたり、ポートレイト作品や立体作品を中心に、コスチューム・デザインやキャラクター・デザイン、執筆などを手掛けている。

本展は、ピュ〜ぴるにとって12年ぶりとなる新作展だ。会場には、2010年より制作を開始した大作ポートレイトシリーズ「女神」の全貌を披露すべく、初公開の新作7点を加えた写真作品を展示。また、大型彫刻作品や未公開の関連作品なども並ぶ。

さらに、会場では、展示作品をはじめポストカードなどのアーティスト関連グッズの販売を実施。12月21日(土)には、ピュ〜ぴる本人が在廊し、サイン会も開催される予定だ。

【詳細】
ゴッデス
会期:2019年11月22日(金)〜2020年2月13日(木)
会場:ディーゼル アート ギャラリー(ディーゼル 渋谷内)
住所:東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti DIESEL SHIBUYA B1F
TEL:03-6427-5955
開館時間:11:30〜21:00
休館日:不定休
入場料:無料

■サイン会
日時:2019年12月21日(土)
時間:16:00〜18:00
場所:ディーゼル アート ギャラリー