美術館「プレイ ミュージアム(PLAY! MUSEUM)」が、東京・立川駅北口の新街区「グリーンスプリングス(GREEN SPRINGS)」内に2020年6月10日(水)オープン。

“ありそうでない”美術館「プレイ ミュージアム」

「プレイ ミュージアム」は、“絵”と“ことば”をテーマに、映像や立体物などの作品を通して、大人から子供まで様々な体験が出来る新たな美術館。一般的な展示のほか、来場者が展示に参加したり、ワークショップを通して作家の制作に関わったりと、“ありそうでない”美術館の楽しみ方を提案していく。

館内展示は、年間を通して著名な絵本作家を紹介する常設展示と、ユニークに作家や作品を特集する企画展示の2つを同時に開催。

また、ショップとカフェを併設し、展示にちなんだオリジナルグッズやメニューを多数用意する。

開館記念常設展「エリック・カール 遊ぶための本」

開館初年度の記念すべき常設展は、“絵本の魔術師”とも称され日本でも人気の高いアメリカの絵本作家エリック・カールをフィーチャーした「エリック・カール 遊ぶための本」。アメリカ・マサチューセッツ州のエリック・カール絵本美術館との共同企画で開催 する本展では、絵本を“おもちゃ”に見立てた新しい視点で彼の作品の本質に迫る。

会場では、エリック・カールの絵本を“くぐる”“きく”“うごかす”“みつける”など、10の遊び方に分けて紹介。大型の造作物や映像、エリック・カール独自のコラージュ で描かれた『はらぺこあおむし』『パパ、おつきさまとって!』といった作品の原画を展示する。

同施設3階「プレイ パーク」でも関連イベントを実施

また、同施設3階に併設する「プレイ パーク(PLAY! PARK)」では、エリック・カールの絵本作りにならって、参加者が世界にひとつだけの色紙を作るワークショップ「レッツ!プレイ!ペーパー!(Let's! PLAY! PAPER!)」を開催。参加者は、紙に絵の具やクレヨン、スタンプ、ローラーなどを使って模様やパターンを描き、オリジナルの色紙を作ることが出来る。

開館記念企画展「tupera tuperaのかおてん.」

企画展の第1弾は、様々な絵本賞を受賞しする人気のクリエイティブユニット・tupera tupera(ツペラ ツペラ)による“顔”をテーマにした展覧会「tupera tuperaのかおてん.」に決定。『かおノート』『こわめっこしましょ』などtupera tuperaが描いた人気の絵本原画のほか、映像作品『かおつくリズム』、2メートルの大きな顔が並ぶ新作「かお10」など、様々な表現方法を用いた新作を多数展示する。

【詳細】
■プレイ ミュージアム
開業日:2020年6月10日(水)
※当初4月10日(金)オープン予定だったが延期。
開館時間:10:00〜18:00
住所:東京都立川市緑町3-1 グリーンスプリングス内W3
入場料:一般 1,500円、大学生 1,000円、高校生 800円、中・小学生 500円
休館日:無休(展示の入れ替え、年末年始を除く)
※未就学児無料。
※入場料で常設展、企画展の2つを観覧可能。
※会場内は全て写真・動画撮影可。

■常設展「エリック・カール 遊ぶための本」
会期:2020年6月10日(水)〜2021年3月28日(日)
■企画展「tupera tuperaのかおてん.」
会期:2020年6月10日(水)〜2020年12月29日(火)
■カフェ「PLAY! CAFE」
※展覧会に関連したオリジナルのフード、スイーツ、ドリンクを提供。
<メニュー例>
・かおカレー(きいろ)1,480円+税
・はらぺこあおむしのフルーツパフェ 1,480円+税