図書館と美術館と博物館が融合する「角川武蔵野ミュージアム」が、埼玉県所沢市の再開発によって誕生する大規模複合施設「ところざわサクラタウン」内にオープン。2020年6月6日(土)にプレオープンを迎える。

埼玉・所沢の再開発で誕生する「角川武蔵野ミュージアム」

「角川武蔵野ミュージアム」は、図書館と美術館と博物館が融合した文化複合施設であり、 KADOKAWAと埼玉県所沢市が共同で進めている街づくりプロジェクト「クール ジャパン フォレスト(COOL JAPAN FOREST) 構想」の拠点施設「ところざわサクラタウン」内でもひときわ目を引く存在となる。

世界的建築家の隈研吾が国立競技場と同時期にデザインした、多面体の“岩デザイン”の外観は、まるで大地から隆起した建築物のようで、見るものを圧倒する。

リアル×バーチャルの展示内容

ミュージアム内では、地上1階から5階までで、リアルとバーチャルの展示を織り交ぜた展示を展開予定。館長である編集工学者の松岡正剛、博物学者の荒俣宏、芸術学・美術教育の研究者である神野真吾、建築家の隈研吾の体制のもと、革新的なミュージアムの創設を目指していく。

高さ8メートルの巨大本棚に囲まれる「本棚劇場」

建物の4階から5階にかけて展開される、高さ8メートルの巨大本棚に囲まれる空間「本棚劇場」は、「角川武蔵野ミュージアム」の象徴と言える場所だ。

そこには、KADOKAWA刊行物、角川源義文庫、山本健吉文庫、竹内理三文庫、外間守善文庫、山田風太郎文庫のほか、個人蔵書の書物が収められている。本に囲まれる圧巻の風景は、本好きならずとも心打たれることだろう。

「本棚劇場」では、定期的に「本と遊び、本と交わる」をコンセプトとしたプロジェクションマッピングを上映する予定で、行くたび違う楽しみに出会えるのも嬉しい。

日本が誇る“アニメ文化”を紹介する「EJアニメミュージアム」

EJとは、“Entertainment Japan”の意味。それを名に冠す「EJアニメミュージアム」は、日本が誇るアニメを文化として捉えて、独自の切り口で紹介する場となる。

原作、スタジオ、キャスト、スタッフなど多くの創造性をもとに制作されたアニメを、書籍、映画、ゲーム、グッズといった作品を取り巻くエンターテイメント全体とともに紹介する。

マンガ・ラノベ図書館やミュージアムショップ&カフェも

「角川武蔵野ミュージアム」には、そのほか、1階にマンガ・ラノベ図書館とグランドギャラリー、2階にメインエントランスホールとミュージアムショップ&カフェ、そして「本棚劇場」のある4階と5階には、武蔵野回廊、エディットタウン、ワークショップルーム、レクチャールーム、アートギャラリー2、ブックスペース、レストランなどが設けられる。

1日の中で様々な表情を見せる隈研吾による“岩”のような建築

隈研吾が手掛けた“水面に浮かぶ岩の塊”のような外観は、1つ50kg〜70kgの花崗岩を約20,000枚使用して完成したもの。 荒い肌をむき出しにして、たくさんの角を作りながら石を組み合わせたことにより、外壁を照らす太陽光の角度が変わるたび「角川武蔵野ミュージアム」も千変万化の様相をみせる。

「ところざわサクラタウン」にはその他レストランや商業施設も

なお、「角川武蔵野ミュージアム」が位置する「ところざわサクラタウン」には、「ジャパンパビリオン」「千人テラス」といったイベントスペース、 体験型ホテル「EJアニメホテル」、 「ダ・ヴィンチストア」、レストラン「角川食堂」、商業施設、書籍製造・物流工場やKADOKAWAの新オフィスなどを建設する。

【詳細】
角川武蔵野ミュージアム
オープン日:2020年6月6日(土)
高さ:39.65m(地上5階)水盤からの高さは31m
総床面積:約3,600坪(約12,000m²)
外壁の石数:約20,000枚
石の1つの重さ:50kg〜70kg
石の総量:約6,000平方メートル
石の総重量:約1,200t
石の産地:中国・山東省
デザイン監修:隈研吾建築都市設計事務所
設計・施工:鹿島建設
コンストラクション・マネジメント:久米設計