企画展「いちからわかる円山応挙と長沢芦雪」が、京都の嵯峨嵐山文華館にて、2020年5月23日(土)から7月13日(月)まで開催される。

18世紀京都の画家・円山応挙と長沢芦雪にフォーカス

18世紀の京都では、近年人気を集める伊藤若冲を筆頭に、数多くの画家が活躍した。その1人が円山応挙だ。応挙は「写生」に重きを置いた絵画で評価を高めたのち、現実には存在しない龍や、見たこともない中国の風景や人物などを描くこととなる。

一方、応挙の弟子である⻑沢芦雪は、師とは異なる独自の作風を追求。本物よりも大きなサイズで⻁を描いた「⻁図襖」や、わずか3cm四方の紙に多数の高僧“羅漢”を描きこんだ「五百羅漢図」など、個性的な作品を数多く残した。

“孔雀”や“虎”などの作品を比較

「いちからわかる円山応挙と長沢芦雪」では、円山応挙と長沢芦雪の作品44点を展示。色鮮やかな牡丹と孔雀を描いた「牡丹孔雀図」や「虎図」など、題材を同じくする作品を並べることで、2人の画風の共通点や相違、作風の変化や魅力に迫る。

初公開作品32点も

また、円山応挙の「仔犬図」や⻑沢芦雪の「絵変わり図押絵貼屏風」など、今回が初公開となる32点の作品も公開。芦雪が手がけた「梅花双狗図」や「喜雀図」をはじめ、仔犬や雀といった動物のかわいらしい姿を捉えた作品にも注目したい。

展覧会概要

企画展「いちからわかる円山応挙と長沢芦雪」
会期:2020年5月23日(土)〜7月13日(月)
[前期 5月23日(土)〜6月22日(月) / 後期 6月24日(水)〜7月13日(月)]
会場:嵯峨嵐山文華館
住所:京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町11
TEL:075-882-1111
開館時間:10:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:火曜日(祝日の場合は翌日)
入館料:一般・大学生 900円(800円)、高校生 500円(400円)、小中学生 300円(250円)、幼児 無料
※障がい者と介添人1名までは500円(400円)
※( )内は20名以上の団体料金
※常設展「百人一首ヒストリー」も観覧可
※展示作品および展示期間は都合により変更となる場合あり