展覧会「おさなごころを、きみに」が、清澄白河の東京都現代美術館にて、2020年7月18日(土)から9月27日(日)まで開催される。

“大人”と“こども”を行き来する

「おさなごころを、きみに」は、かつてはこどもだった“大人”が忘れてしまった創造性豊かな「おさなごころ」を思い起こしつつ、 メディアテクノロジーによる作品や映像にふれることで、こどもも大人も一緒に楽しめる展覧会だ。

吉岡徳仁や名和晃平の作品を起点に

展覧会の導入では、過ぎゆく時を結晶のきらめきに留めたような吉岡徳仁《ROSE》や名和晃平《PixCell-Bambi #10》、そして音までも体感できる高精細映像作品などを展示する。

触覚・身体などから探る“おさなごころ”

会場では、視覚を重視してきた美術表現に対して、触覚の重要性を思い起こさせる「触覚」、書籍や文字による表現、参加型の作品で身体表現を追体験する「身体、音と言葉」、そして森脇裕之《時花(トキハナ)》などから宇宙の広がりを想像する「銀河」など、互いに緩やかに重なりあうテーマのもとに展示を行う。

広がるメディアテクノロジーの表現を紹介

また、パフォーマンスグループ・GRINDER-MAN(グラインダーマン)の、特撮やアニメの手法により“ヒーローになれる”体験型メディア・アート《HERO HEROINE》や、藤木淳の《P055E5510N》などを通して、〈いま・ここ〉にある身体が、現代のメディア技術を通して空想の空間へとつながる体験ができるだろう。

このように本展は、拡張現実や人工知能など、最新技術により拡張される美術表現をわかりやすく紹介する「こどものための現代美術展」であるとともに、大人のこころになおもこだまする“こども”の残響に耳を澄ます場となるかもしれない。

展覧会概要

展覧会「おさなごころを、きみに」
会期:2020年7月18日(土)〜9月27日(日)
※当初の会期2020年7月11日(土)〜10月18日(日)から変更
会場:東京都現代美術館 企画展示室 3F
住所:東京都江東区三好4-1-1(木場公園内)
休館日:月曜日(8月10日(月)、9月21日(月)は開館)、8月11日(火)、9月23日(水)
開館時間:10:00〜18:00(展示室入場は閉館30分前まで)
観覧料:一般 1,300円、大学生・65歳以上 1,000円、中高生 800円、小学生以下 無料
※高精細映像(8K)によるパブリック上映(3D・予定)や、リモート開催(おさなごころミュージアム・仮称)などの関連イベントを開催予定(詳細は公式サイトにて順次公開)
※開催内容は変更となる場合あり

■同時開催
・展覧会「オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」
会期:2020年6月9日(火)〜9月27日(日)
・カディスト・アート・ファウンデーションとの共同企画展「もつれるものたち」
会期:2020年6月9日(火)〜9月27日(日)
・コレクション展「MOT コレクション いま─かつて 複数のパースペクティブ」
会期:2020年6月2日(土)〜9月27日(日)

【問い合わせ先】
ハローダイヤル:03-5777-8600 ※年中無休 8:00〜22:00
TEL:03-5245-4111(代表) ※平日 9:30〜18:00