ヨウジヤマモト(Yohji Yamamoto)は、2021年春夏メンズコレクションをデジタルショー形式にて発表した。

薄暗い陰影と呼応するダークな世界観

陰影の中に浮かび上がるようにして次々と登場する服は、空間の薄暗さと呼応するかのように深い闇、ダークさを感じさせる。例えば、細かいシワが刻まれたリネンジャケットやパンツには、だらりと糸を垂らすようにして“取扱注意”“こわれもの”といったパッチを刺繍してどこか不穏な感覚を呼び起こす。

オーバーサイズに仕立てたテーラードジャケットは、肩にあしらわれたボタンを外して着ることで袖が一部外れているかのように見える。中に着たブラウスのパーツが露わになった、綻んだような佇まいは、ある種の脆さや退廃を象徴しているかのようだ。

また、西洋絵画のオマージュだろうか、デザイナーの山本耀司の首にナイフを突きつける女性の図像をプリントしたシャツやカットソーも登場。黒のコートやジャケットの合わせからさり気なく見えるグラフィックに思わず目を留めてしまう。

目玉ボタンや眼球グラフィックのジャケットなど

散見されたのは、眼球のモチーフだ。レッドのスタンドカラージャケットや、ダブルのコートのボタンは、よく見ると目玉のモチーフになっている。

また、節の立つ黒のリネン地のジャケットやパンツにぼんやりと浮かぶ眼球のグラフィックは、古いフィルムを見ているときのような質感が印象的。布地を重ね、一部折り返したバックディテールのジャケットは、重なったそれぞれの生地に異なる眼球が写り、シュールかつスペクタクルに仕上げている。

“青い地球”を連想させるインディゴブルーのデニム

コレクション終盤には、インディゴブルーのデニムを用いたピースが登場。流れるようなシルエットのデニムロングコートには、“The Space was Dark and Black, but,”“The earth was blueish”というメッセージを記したパッチワークが施され、デニムのロングシャツに重ねたウールギャバジンのジャケットには「地球は青かったよ!」と手描き風の文字で書かれている。

含蓄に富んでいるようでもあり、どこか飄々としてもいるそのメッセージは、ダークなコレクションの中に映える鮮やかなインディゴブルーの色彩と連動し、この世界の暗さと明るさ、両極端にある2つの要素を想起させた。

アディダスのトレフォイルロゴカットソーも

また、ヨウジヤマモトと継続的にコラボレーションを行っているアディダス(adidas)のトレフォイルロゴをダイナミックにフィーチャーしたカットソーも登場した。

尚、モデルには俳優の東出昌大が起用された。