フミト ガンリュウ(FUMITO GANRYU)は2021年春夏コレクションを発表した。

境界線無しに着られる服とは

自分が日常で着たい服を作る。2021年春夏コレクションにおいても、デザイナー・丸龍文人の服作りにおけるコンセプトは変わらない。今季は「フリーアクセス」というテーマを設定し、インドア・アウトドアといった着用するシチュエーションに境界線を持たない、自由な服を展開する。

テーマを反映した最も分かり易いピースとなるのが、ジャージー素材のセットアップ。家の中でのリラックスタイムと、ランニングやジョギングをするワークアウトタイムという、インドアとアウトドア両方の時間で活用出来るアイテムだ。

ラッシュガード素材で水陸両用仕様に仕上げたTシャツも、「フリーアクセス」を体現している。鮮やかなカラーは、海や大地など地球が持つ色からインスピレーションを得たものだ。

部屋と外、カジュアル過ぎないスタイリングでその両方を行き来したい時には、ジャケットを羽織って。袖と身幅にゆとりを持たせたサイズ感で構築しており、どこか緊張感を伴いがちなジャケットというアイテムに、リラックスした雰囲気を落とし込む。

また、眼鏡を引っ掛ける為のループを首元に配したTシャツも、ユニークなアイテムの一つ。新聞や本を読む時のリーディンググラス、太陽が眩しい日のサングラスなど、着脱する機会が多いアイウェアを吊り下げることが出来る。

高機能素材とオーバーサイズで更なる快適性を

そして、外着でも部屋着でも、常に着たいと思わせる服に共通する点となるのが快適性だろう。丸龍文人は素材とパターン、その両面からコンフォータブルな服作りにアプローチしていく。

オーバーサイズで仕立てた、ジップアップパーカーはその好例。肉厚ながら柔らかく、とろみがあるオリジナル素材と、身体の動きを制限しない大き目の身幅、アームホールを組み合わせ、部屋の内外問わず「ずっと着ていたい」と思わせるような抜群の着心地を再現している。

プリーツシャツやコラボフットウェアも継続展開

なお、フミト ガンリュウにおいて象徴的な、バックスタイルをプリーツで仕立てたシャツアイテムは今シーズンも健在。今季はドレッシーな無地のモデルに加え、ホリデースタイルにぴったりなチェック柄を展開する。加えて、サロモン(SALOMON)とスイコック(SUICOKE)とのコラボレーションフットウェアも先シーズンに引き続きラインナップされる。