ディースクエアード(DSQUARED2) 2021年リゾートメンズコレクションが発表された。今シーズンは、ウィメンズ同様に、“スポーツウェアと旅行”が大きなテーマだ。

スポーティな空気が漂うコレクション

シーズンテーマの1つである“スポーツウェア”の要素が色濃く反映された今季のコレクション。ウェアの上に走る大胆なブランドロゴ、動きやすそうなテクニカル素材、イエローやレッドといったアクティブなカラー、足元を飾るスニーカー…。1つのルックには、こうしたスポーツを代表するコードが交じり合い、若々しくフレッシュな感性に満ちた、大人の男性の為のリアルクローズが提案されている。

スポーツミックススタイルを主流に

異なるテイストのアイテムを組み合わせた、スポーツミックススタイルも散見された。例えば、アイコニックなメープルロゴをポイントにしたメタリックなアノラックパーカーには、端正なテーラリングパンツをドッキング。しかしながら、よく目を凝らしてみると、そんなクラシカルなボトムスにも、ジップを大きく走らせているなど、今季のムードへと引き寄せたアレンジも加えられているのが面白い。

リアルクローズをアクティブに再解釈

日常のウェアを、スポーツウェアのように再解釈したアイテムも登場。ややオーバーシルエットの半袖Yシャツは、ナイロン素材でアクティブにアップデート。またその裾には、ドローコードを通したアレンジを加えることで、よりスポーティーな表情を強めている。第一ボタンをしっかりと留めながら、裾にかけてはラフにボタンを外すことで、その分空気を含んだ、軽やかな表情も印象的だ。

異素材ドッキングウェアも

ひとつひとつはクラシカルなアイテムを合わせたスタイリングも、今季のディースクエアードの魔法にかかれば、大人の遊び心溢れるフレッシュな着こなしに。

端正なジャケットを着崩すことで現れたのは、フロントから大胆にシア素材で切り替えたユニークなニットウェア。クラシカルなデザインのニットからは見る事のできない、スポーティーなTシャツが片側のみ映し出されているのが、いかにも今季らしい。またわざとアンバランスに仕上げたニットの裾と呼応するように、ベルトも“だらり”とスタイリングするなど、その随所にユニークなアプローチが見て取れる。

リラクシングな空気を纏うテーラリング

ラストに掛けて現れたのは、マスキュリンなエレガンスを感じさせるテーラリングのセットアップ。光沢感のあるリュクスな生地使い、煌くジャカード生地など、リュクスなムードのドレスコードが連なる。しかし、ややゆったりと仕上げたボトムスからは、大人の余裕を感じさせるリラクシングな空気が流れているのも確か。ブラックデニムで仕上げた2ピースは、まるで“旅先”でも心地よく過ごせることをアピールしているかのように、モデルの片手には大きなキャリーケースが握られていた。