ユニクロ(UNIQLO)とイネス・ド・ラ・フレサンジュ(INES DE LA FRESSANGE)がコラボレーションした「ユニクロ / イネス・ド・ラ・フレサンジュ」の2020年秋冬コレクションが登場。2020年8月28日(金)より31店舗のユニクトとオンラインストアにて発売予定だ。

70年代の自立した女性たちに捧げるオマージュ

2020年秋冬シーズンでは、イネスが憧れを抱いた1970年代の自由で自立した女性たちにオマージュを捧げるコレクションを展開。1970年代を象徴する時代のファッションリーダーの、ジェーン・バーキン、アリ・マッグロウ、ダイアン・キートンといった自立した女性たちからインスパイアされている。

カラーパレットは、マスタードイエローや、ハニーホワイトといった穏やかな色彩がメイン。上品で華やかなウェアが揃う。

3つのキーワードから見る、ユニクロ / イネス・ド・ラ・フレサンジュの新作

今季は、ボヘミアン、ネオブルジョワジー、マニッシュの3つがキーとなっている。

ボヘミアン:「3Dニット」がユニクロ / イネス・ド・ラ・フレサンジュから初登場

ひとつめのキーワードとして、今季はボヘミアンをピックアップ。特に注目したいのが、シームレスな3Dならではの立体感や着心地の良さが魅力の「3Dニット」だ。ほっこりするようなテクスチャーのクルーネックタイプに、フェアアイル柄をあしらった。なお、「3Dニット」は本コレクション初登場となる。

また、70年代を象徴するボヘミアンカルチャーをイメージした、ペイズリー柄のワンピースやブラウス、スカートも登場。ツイストプリーツをあしらうことで、しなやかな質感に仕上げた。ペイズリー柄の他、ぼかした模様やドット柄などのバリエーションも用意する。

ネオブルジョワジー:シルク100%のブラウスやラップドレスで洗練された着こなし

2つめのキーワードとして掲げるネオブルジョワジーを表すのは、シルク100%のブラウスやラップドレス。洗練された可憐な着こなしへと導いてくれる。

秋冬に欠かせないアウターで注目したいムートン風ジャケットも登場。その他、使いまわしのきくロングカーディガンや、キュロットパンツもおすすめだ。

マニッシュ:ツイード素材のジャケットなどメンズライクなコーデを楽しむ

マニッシュなコーディネートも70年代女性のスタイルを表現するに欠かせないトピック。かっちりとしたシルエットのコートは、ワイドパンツと合わせて思い切りメンズライクで合わせるもよし、フリルブラウスなどと合わせてフェミニン×マニッシュなミックスコーデも楽しむのもよし。

懐かしいムード漂うコーデュロイはカジュアルながらも洗練された出で立ちで。イネス・ド・ラ・フレサンジュらしいフレンチシックなスタイルを完成させるにも欠かせないアイテムとなりそう。

【詳細】
ユニクロ / イネス・ド・ラ・フレサンジュ 2020年秋冬コレクション
発売日:2020年8月28日(金)
取り扱い:ユニクロ31店舗とオンラインストア(予定)
※一部商品は国内全店舗で展開。

■価格
アウター 5,990〜14,990円
パンツ/スカート 2,990〜5,990円
シャツ 2,990〜5,990円
ニット 3,990〜8,990円
ワンピース 4,990〜12,900円
グッズ 1,990〜4,990円
※上記は現時点での価格で、変更の可能性あり。