映画『ハニーボーイ』が、2020年8月7日(金)より全国順次公開される。

父とのトラウマを抱える天才子役の成長と苦悩の物語

『ハニーボーイ』は、天才子役として活躍する主人公オーティスが、マネージャーを務めるトラブルメーカーの父親とぶつかり合いながらも、周りの人々との出会いを経て成長していく人間ドラマ。

若くしてハリウッドのトップスターに躍り出たオーティスは、撮影に忙殺されるストレスの多い日々の中で、アルコールに溺れるようになっていた。2005年のある夜、泥酔して車を運転し事故を起こしたオーティスは、更生施設へ送られる。そこでPTSDの兆候があると診断される。原因を突き止めるために、今までの思い出をノートに書くようにと言われたオーティスは、過去の記憶を辿り始める。真っ先に思い出すのは、父のこと…。

次世代のスター、ノア・ジュプ初主演作

主演を務めるのは、『ワンダー 君は太陽』『クワイエット・プレイス』シリーズ、『フォード vs フェラーリ』など次々と話題作に出演してきたノア・ジュプだ。

本作は、次世代のスターとしての呼び声が高いジュプにとって初の主演作。トラウマを抱えた12歳の天才子役オーティスを、アカデミー賞俳優に劣らぬ圧倒的な存在感で演じきる。

また、10年後のオーティスには、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』でアカデミー賞にノミネートされたルーカス・ヘッジズが抜擢された。

トラブルメーカーの父親はシャイア・ラブーフ

オーティスのマネージャーを務める父・ジェームズは、『トランスフォーマー』シリーズや『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』のシャイア・ラブーフ。心に傷を受けた退役軍人、前科者、元ロデオ道化師、そして短気なアルコール依存症など多くの問題を抱える難しい役どころを、見事に具現化した。

なお、シャイアにとって本作が長編映画の脚本家デビュー作。脚本について最初に連絡を取った親友のアルマ・ハレルが監督を務めている。

【詳細】
ハニーボーイ
公開日:2020年8月7日(金)
監督:アルマ・ハレル
脚本:シャイア・ラブーフ
出演:ノア・ジュプ、ルーカス・ヘッジズ、シャイア・ラブーフ
配給:ギャガ
原題:HONEY BOY