セイコー(SEIKO)による時と時計の博物館「セイコーミュージアム 銀座」が、2020年8月19日(水)に銀座に移転し新たにオープンする。

時と時計、セイコーの歴史を紹介する「セイコーミュージアム」

「セイコーミュージアム」の母体となるのは、1981年に当時の製造工場・精工舎内に設立した研究施設「セイコー時計資料館」。2012年に、セイコー創業以来の史料を収集し、保存、編纂するとともに、広く「時」と「時計」の歴史の研究を行う企業博物館「セイコーミュージアム」として再出発を果たす。

銀座に移転オープン、6フロアのミュージアムに

そして2020年8月、墨田区から銀座に移転し、「セイコーミュージアム 銀座」として装い新たにオープン。地下1階から5階までの6フロアから成る館内では、フロアごとにテーマを設定し時と時計に関する展示約500点を紹介する。たとえば、地下1階ではセイコーの時計の歴史を語る上では欠かせないスポーツ計時にフォーカス。多くの冒険家たちを支えてきたスポーツウオッチをはじめ、極限に挑む時計技術を目の当たりにできる。

その他、日本の時計産業の近代化を進め「東洋の時計王」と呼ばれたセイコー創業者・服部金太郎の軌跡を辿る「服部金太郎ルーム」や、日時計から始まる世界の時計の歴史、日本で独自に発展した江戸時代の和時計コレクションの展示など、セイコーや時計そのものに関する歴史にまつわる貴重な資料が集結している。

ファサードには大型振り子時計「ロンド・ラ・トゥール」

また、ミュージアムのファサードには高さ約5.8mの大型振り子時計「ロンド・ラ・トゥール」が登場。昼には白い光、夜には式の変化に合わせた光を点灯し、ゆったりと動き続ける大きな振り子のダイナミックな動きを楽しめる。

和光本館もリニューアル

尚、8月6日(木)には12年ぶりのリニューアルを経て和光本館がグランドオープン。グランドセイコーやセイコーを含む14ブランドが一堂に集結する「和光ウオッチスクエア」や、グランドセイコーブティックの最高峰「グランドセイコーブティックフラッグシップ和光」が誕生。

【詳細】
セイコーミュージアム 銀座
オープン日:2020年8月19日(水)
住所:東京都中央区銀座4-3-13 セイコー並木通りビル
TEL:03-5159-1881
開館時間:10:30〜18:00(休館:月曜日・年末年始)
※1日3回の事前予約制(入場無料)/10:30〜12:30、13:00〜15:00、15:30〜17:30
フロア構成:
・地下1階「極限の時間」 スポーツ計時・計測、スポーツウオッチ
・1階 「はじまりの時間」 受付、ミュージアムショップ
・2階 「常に時代の一歩先を行く」 創業者・服部金太郎の足跡を紹介
・3階 「自然が伝える時間から人がつくる時間」 世界の時と時計の歴史
・4階 「精巧な時間」 創業時から1960 年代クオーツ腕時計に至るセイコー製品
・5階 「いろいろな時間」 1970 年代以後の多様なセイコー製品

■和光本館 リニューアル
グランドオープン日:2020年8月6日(木)
住所:東京都中央区銀座4丁目5-11
TEL:03-3562-2111(代表)
営業時間:10:30〜19:00