Scye(サイ)の2020年秋冬ウィメンズコレクションが発表された。

クラシックスタイルの変奏

上品でクラシカルなスタイルを基調に、ミリタリーやワーク、スポーツなどのテイストを織りこんだ、今季のサイ。なかでも新作のアウター類が豊富だ。ベージュのロングコートはややオーバーサイズに仕上げ、ケープのように裾にかけてふわりと広がるシルエットが印象的。定番のウーカシミヤメルトンを使用しつつ、なめらかで光沢のある質感にアレンジした。

また、ダブルブレストのダストコートは、ハリスツイード(Harris Tweed)に別注した1着。薄いグレーにくすみのかかったような水色のラインを施し、上品なテーラリングでロング丈に仕立てている。

端正なブレザー

一方でダブルブレストのブレザーは、端正なフォルムや落ち着いた色合いのチェック柄と相まって、オーセンティックな表情に。風合い豊かなコーデュロイパンツは1本1本の線を太く取ってカジュアル感を漂わせつつも、センタープリーツを施してあくまでクラシカルさのうちに昇華した。

多彩なテイストを上品さへと昇華

さらに、多彩なテイストは随所に散りばめられている。ペルーコットンで仕立てたブラウスには、袖口や首元をフリル仕様にすることで、ほんのりとクラシカルなムードを。また、なめらかな光沢感を持つ素材を使ったジレや、インディゴチノのオールオーバーといったワークテイストのアイテム、そしてナイロン主体でスポーティに仕上げたパンツなど、カジュアルな要素を持ちつつも上品な空気を纏わせた。