モンクレール(MONCLER)による「モンクレール ジーニアス 2020」から、ヴェロニカ・レオーニ手掛ける「2 モンクレール 1952」2020-21年秋冬ウィメンズコレクション新作アイテムが登場。2020年9月3日(木)より一部のモンクレールブティックと主要セレクトショップにて発売される。

フェミニティとエレガンス、アーミーの共存

ヴェロニカ・レオーニとセルジオ・ザンボンの2人のデザイナーによって展開されている「2 モンクレール 1952」。今回は、ヴェロニカ・レオ―ニが手掛けるウィメンズコレクションから新作のアイテムが登場する。

今回のコレクションでイメージされたのは、“失われた楽園を追求する女性アーミー”。モンクレールのアウターウェアとアウトドアの要素を再解釈し、実用性のあるピースでフェミニティとエレガンスを表現した。

日本で展開するアイテムをピックアップ

ダウンジャケット

中心をずらしたダイヤモンドキルティングが印象的なダウンジャケット「フランチェスカ」は、日本展開のあるアウターの中でも目を惹く一着。ネック部分に配する太いコードや、ジップ部分に付属する長いストラップなど、装飾的なパーツたちが独創的なビジュアルを作り上げる。

ショート丈で構築し、表面にフラワーのモチーフを配したダウンジャケット「ドーラ」にも注目。首元には「フランチェスカ」同様に、首元の太いコードがアクセントとなっている。

ニットウェア

コレクションの中核を成すニットアイテムにおいてアイコニックなのが、ダウンをプレイフルに解釈し、パディングを施したウェア。凹凸のある表情とコントラストの効いたボーダーの配色でコーティネートの主役を担ってくれそうだ。

そのほか、前身頃と後身頃で着丈の異なるパターンのハイネックも。前後でカラーを切り替えて構成し、背面にピリング加工を施すなどユニークな要素を詰め込んだ。

ブーツ

また、フットウェアでは、レザーブーツが登場。高いブーツシャフトとチャンキーなソールで、エッジィなスタイリングを演出してくれる一足だ。

【詳細】
2 モンクレール 1952 2020-21年秋冬ウィメンズ新作
発売日:2020年9月3日(木)
販売店舗:一部のモンクレールブティックと主要セレクトショップ

<日本展開アイテム例>
・ダウンジャケット
ドーラ 267,000円+税、フランチェスカ 215,000円+税
・コート
リンキ 409,000円+税、シム 267,000円+税、ユシ 220,000円+税
・ニット 87,000円+税〜141,000円+税
・Tシャツ 62,000円+税
・パンツ 89,000円+税
・マフラー 94,000円+税
・ブーツ
ヴァニア 174,000円+税