展覧会「キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」が、美術館「えき」KYOTOにて、2020年9月12日(土)から10月25日(日)まで開催される。

エコール・ド・パリの代表画家キスリング

モイズ・キスリングは、20世紀前半に世界各地からパリに集まった芸術家、エコール・ド・パリを代表する画家の1人だ。

印象派の画家やセザンヌに憧れていたキスリングは、19歳の時にポーランドの古都クラクフからパリに出る。この地でキュビスムやフォーヴィスムなどの新しい絵画運動にふれたキスリングは、エコール・ド・パリの中心地であるモンマルトルやモンパルナスでピカソやモディリアーニ、藤田嗣治らと交友を深めた。

キスリングの初期作品には、ピカソらの影響を受けたキュビズム的な作風が見られるものの、現実から離れた表現からは距離をとり、豊かな色彩によるメランコリックな作風で人気を博すこととなる。とりわけ《赤い長椅子の裸婦》に見るように、写実的でありながらも艶かしい人物表現は、キスリングの得意とするところであった。

約50点の作品から画業をたどる

「キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」は、初期から晩年までの肖像画をはじめ、静物画や風景画など約50点の作品から、キスリングの画業をたどる展覧会だ。セザンヌの影響を窺わせる初期の《果物のある静物》、写実主義を基盤とした人物画《ベル゠ガズー(コレット・ド・ジュヴネル)》、そして色鮮やかな《ミモザの花束》など、キスリング独特の作風を存分に楽しめそうだ。

展覧会概要

展覧会「キスリング展 エコール・ド・パリの巨匠」
会期:2020年9月12日(土)〜10月25日(日) 会期中無休
会場:美術館「えき」KYOTO
住所:京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町 京都駅ビル内ジェイアール京都伊勢丹7階隣接
開館時間:10:00〜19:30(入館は閉館30分前まで)
※最終日は17:00閉館
入館料:一般 1,000円(800円)、高・大学生 800円(600円)、小・中学生 600円(400円)
※価格はいずれも税込
※障害者手帳の提示者と同伴者1人は、当日料金より各200円割引
※( )内は前売料金、なお販売は9月11日(金)まで、チケットぴあ(Pコード 685-339)およびローソンチケット(Lコード 51950)にて(美術館チケット窓口での販売はなし)
※事前予約は不要だが、混雑状況により入館を待つ場合あり
※内容に変更・中止が生じる場合あり(最新情報は美術館公式ホームページにて確認)

【問い合わせ先】
TEL:075-352-1111(ジェイアール京都伊勢丹大代表)