映画『聖なる犯罪者』が、2021年1月15日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館、ホワイト シネクイントほかにて順次公開される。

第92回アカデミー賞外国語映画賞ノミネートの話題作、日本上陸

映画『聖なる犯罪者』は、ポン・ジュノ監督『パラサイト 半地下の家族』、ベドロ・アルモドバール監督『ペイン・アンド・グローリー』と肩を並べ、第92回アカデミー賞外国映画賞にノミネートされた話題作だ。

過去を偽り聖職者として生きる男の運命

主人公は、神父になることを夢見るダニエル。前科者は聖職に就けないことを知りながらも、夢を諦められないダニエルに、ある日転機が起きる。

ふと立寄った教会で、新任の司祭と勘違いされらダニエルは、司祭の代わりを命じられる。はじめ“司祭らしからぬ”ダニエルの姿に村人たちは戸惑うものの、徐々に人々の信頼を得ていくように。

そんな中、かつて少年院にいた男がダニエルのもとに現れ、「すべてを暴く」とダニエルを脅迫。そこから事態は思わぬ方向へ…。

作品賞・監督賞“総なめ”気鋭監督ヤン・コマサ

監督は、長編デビュー作『スーサイド・ルーム』で第61回ベルリン国際映画祭パノラマ部門に正式出品され、2作目『リベリオン ワルシャワ大攻防戦』で、本国ポーランドで大ヒットを記録した、気鋭監督ヤン・コマサだ。

3作目となる『聖なる犯罪者』は、2019年ヴェネチア国際映画祭内のベニス・デイズ部門でプレミア上映されて以降、世界中の映画祭に出店し、作品賞、監督賞、主演男優賞を中心に合計49の賞に輝いた。

主人公のダニエルを演じるのは、バルトシュ・ビィエレニア。弱冠28歳でありながら、第55回シカゴ国際映画祭、第30回ストックホルム映画祭にて主演男優賞受賞を受賞し、第70回ベルリン国際映画祭では、2020 ヨーロピアン・シューティングスターにも選出されるなど、世界中から注目を集める若手俳優だ。

【作品情報】

映画『聖なる犯罪者』
公開日:2021年1月15日(金)順次公開
監督:ヤン・コマサ
出演:バルトシュ・ビィエレニア、エリーザ・リチェムブル、アレクサンドラ・コニェチュナ、トマシュ・ジィェンテク